ボンネットの中の猫を助けよう!超簡単なボンネットの開閉方法を解説

修理・維持
この記事は約5分で読めます。

この記事は、
2020/10/2に更新されました。

合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」
こと、RiNneko(リンネコ)です!

本記事は、下記のような方へ向けた内容となっております。

★こんな「疑問・悩み」をお持ちの方にオススメ!
車のボンネットが開けられない
ボンネットを開けて車の中にいる猫を助けたい

★疑問・悩みへの回答
下記①~④の手順で、
ボンネットを空けることが出来ます!

①ハンドルの右下の方にあるレバーを引く
②「ボンッ」という音とともに、ボンネットが少し浮き上がる
③ボンネットが浮いて出来た隙間に手を入れて、
 レバーを押しながら、ボンネットを持ちあげる
④ボンネットを固定するストッパーを探してボンネットを固定する



ただし、ボンネット開閉時には、
いくつか注意点があり、
しっかりと理解しておかないと、
ケガをしたりやボンネットを壊す可能性があるため、
事前に注意点も学んでおきましょう(`・ω・´)b

記事の内容
・ボンネットの開閉方法
・ボンネット開閉時の注意点
・ボンネットの中の猫の確認方法

を元に、「車のボンネット開閉方法」について、
総合的に解説しています。

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b


■ボンネットの中の猫を助けよう!超簡単なボンネットの開閉方法を解説

■ボンネットの開閉方法

■ボンネットの開け方

下記①~④の手順で、
ボンネットを開けることが出来ます!


①ハンドルの右下の方にある、ボンネットレバーを引く(図1)

②「ボンッ」という音とともに、ボンネットが少し浮き上がる(図2)


③ボンネットが浮いて出来た隙間に手を入れて、
 レバーを押しながら、ボンネットを持ちあげる(図3)


④ボンネットを支えるための棒を探してボンネットを固定する(図4)

 ※図5のように、ダンパーで自動的に支えられるタイプもあります

図1.ボンネットレバーのイメージ
図2.ボンネットレバーを引いた後のボンネット状態
図3.ボンネットのロック解除方法
図4.ボンネットを支えるための棒のイメージ
画像元
図5.ボンネットダンパーのイメージ
画像元

■ボンネットの閉め方

下記①~④の手順で、
ボンネットを、安全かつ確実に閉めることが出来ます!

ボンネットを支えるための棒を外して固定する(図6)

②ボンネットを、ボディから20~30㎝の高さで支える(図7)


③ボンネットを上に軽ーく放り投げるようにして離す


④「ボンッ」という音がしたら、

 ボンネットとボディの間に隙間がないことを確認する

図6.ボンネットを支える棒を固定するときのイメージ
図7.ボンネットを支えているときのイメージ

■【参考】ボンネット開閉の動画

ボンネットの開け方 (開閉)

■【参考】紹介した方法でボンネットが開けられない時の対処方法

★事例1:外車のボンネットを開けるとき
 BMWやMINIの場合には、ボンネット側にはレバー(図3)がなく、
 ボンネットレバー(図1)を2回引いてボンネットを開くタイプもあります。

★事例2:ボンネットレバーが見当たらないとき
 車種によっては、ボンネットレバー(図1)が、
 グローブボックス内にある(図8)タイプもあります。

図8.グローブボックス(助手席の小物入れ)内にボンネットレバーがあるイメージ

■ボンネット開閉時の注意点

ボンネットの開閉でミスをすると、
ケガや事故に繋がる可能性があり、大変危険なため、
ボンネットを開閉するときには、
下記①~③に注意
するようにしましょう(;´Д`)

■ボンネットを開くとき

注意点①:ボンネットを棒で確実に固定する
★理由
 ⇒固定できていないと、ボンネットが倒れてきて、

  ケガをする恐れがあるため

■ボンネットを閉じるとき

注意点②:ボンネットを上から手で押さずに、落とすようにして閉める
★理由
 ⇒上から手で押したときに、

  ボンネットがへこむ可能性があるため

注意点③:ボンネットが確実に閉まったことを確認する
★理由
 ⇒走行中に、ボンネットが開く可能性があるため

走行中にボンネットが…

■ボンネットの中の猫の確認方法

下記①~⑤の手順で、猫を守りましょう!(`・ω・´)b

ボンネットを軽く叩く(通称:猫バンバン)

②ボンネットの中から、猫の鳴き声がしないか確認


③②で猫が居そうな気配を感じたら、ボンネットを開ける


④エンジンルームの隅々まで猫がいないかチェックする

 ※下記動画のように、猫はすごく狭い隙間にも入ることができるため、
  猫を守るためにも、出来る限りチェックをしましょうね(´・ω・`)

⑤タイヤの上や車の下も、猫がいないかチェック!

kitten 猫バンバン2

■まとめ

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
「ボンネットの開閉方法と猫の確認方法
を理解できた方が多いと思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、コメント欄に記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました