車のバンパーって、一体どこの部分を言うの?見つけ方を伝授します!

車の勉強
この記事は約8分で読めます。

この記事は、
2020/10/11に更新されました。

合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」
こと、RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、下記のような方へ向けた内容となっております。

★「車 バンパー」について、下記のような情報を探している方へ!
 ①車のバンバーって、一体、車のどこの部分のことを言ってるの?

 ②バンパーって、一体、何のためについているの?

 
③バンパーが傷ついたり、へこんだりしたら、どうすればいいの?

★疑問・悩みへの回答
①車のバンバーって、どこについているパーツのこと?
⇒車のバンパーは、前と後ろにひとつずつ付いています。
 見つけるポイントは、
 指が入らないくらいの隙間
 を探すことです。


 フロントバンパーなら、車を横から見たときに、
 前側のタイヤの左上付近に
 「指が入らないくらいの隙間」があるはずで、
 「隙間→車の前面→反対側の隙間」で
 繋がっているパーツがフロントバンパーです。


②バンパーって、いったい何のためについているの?

⇒バンパーは、
 ①衝撃を吸収する
 ②デザインを良くする

 ために付いています。
 特に、①が重要で、
 衝突した際に、「人と車へのダメージ」を
 減らす効果があります。


③バンパーが傷ついたり、へこんだりしたら、どうすればいいの

⇒「自分で修理・交換」or「ディーラーや専門店」の
 いずれかで修理or交換する必要があります。
 費用としては、修理・・・~5万円,交換・・・5~20万円
 くらい掛かります。まずは、傷の状態を確認して、

 自分で修理可能かどうかを見極めしましょう!

★本記事の内容
下記項目を解説します!
・車のバンバーがどこについているかを探す方法
・バンパーの役割
・バンパーが傷ついたり、へこんだときの対処方法

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b

■車のバンパーって、一体どこの部分を言うの?見つけ方を伝授します!


■車のバンパーが付いている位置

車のバンパーは、前と後ろにひとつずつ付いています。


前のバンパーは、「フロントバンパー」
後ろのバンパーは、「リアバンパー」
と呼ばれています。



例えば、大人気ミニバンの「トヨタ アルファード」では、
図2,3のようなバンパーがついています。

図1.トヨタ アルファード
出展元
図2.トヨタ アルファード フロントバンパー
図3.トヨタ アルファード リアバンパー

■車のバンパーの見つけ方

見つけるポイントは、車を横から見たときに、
 タイヤの右・左上あたりの
指が入らないくらいの隙間
を探すことです。



先ほどのアルファードを例に、練習しましょう。

図1.トヨタ アルファード
出展元

さぁ、みなさん!図1から、
指が入らないくらいの隙間
を探してみて下さい!
(👇に答えがあるので、答えを見つけるまでは、スクロール厳禁)





みなさん、見つけることが出来ましたか??
では、答えあわせをしましょう!

答えは、図4の赤枠内の隙間でした(‘ω’)

図4.トヨタ アルファード前後の隙間
出展元

ちなみに指が入らないくらいの隙間とバンパーは、
図5のような関係になっていて、

バンパーは指が入らないくらいの隙間から外れる
ようになっているんです!


だから、「指が入らないくらいの隙間」を見つければ、
バンパーが分かるんですね。

図5.指が入らないくらいの隙間とバンパーの関係

———————————————————————————–
ここまで読んで頂いた方は、
車のバンバーがどこについているかが分かるようになった
と思います(*^▽^*)


次は、「車のバンパーが一体何のためについているか
を学びましょう!


■車のバンパーって、一体何のためについているの?

■車のバンパーの役割

車のバンパーは、
①衝撃を吸収する
②デザインを良くする

ために付いています。


特に、①が重要で、衝突した際に、
「人と車へのダメージ」を減らす効果があります。



もう少し詳しく解説しますと、
バンパーは、もともとバックで車庫に入れようとして、
ちょっと後ろを壁にぶつけてしまったとか、
軽く前の車に追突してしまったりとした際に、
そのショックを小さくするだけの物だったため、

金属製となっていました。


しかし、車の安全性が高まるにつれて、
金属製のバンパーでは、人と衝突したときに、
人を守ることができないため、
より柔らかい素材に変わったのです。


車のバンパーに使われている素材の歴史について、
参考に記載しておきましたので、
興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい。

■【参考】車のバンパーに使われている素材の歴史

車のバンパーは、下記のように変わってきました。
①金属製(図6)
②樹脂製
(図7)
③ポリプロピレン
(図8)

図6.金属製のバンパー
出展元
図7.樹脂製のバンパー
出展元
図8.ポリプロピレン製のバンパー
出展元

■車のバンパーが傷ついたり、へこんだ時の対処方法を解説

■車のバンパーを修理・交換できる場所

バンパーは、下記①,②のいずれかで、
修理or交換する必要があります。

自分で修理・交換
ディーラーや専門店


バンパーの修理は、バンパーの状態によって、
自分でも修理することができるかどうかが決まります。

なので、まずは、
バンパーの状態を確認する方法」を学びましょう!

■バンパーの状態確認と修理できるかどうかの判断

■バンパーがへこんでいるかを確認

まずは、バンパーに「へこみ」があるかどうかを確認しましょう。
もし、へこみがある場合は、
自分で修理することができないため、
ディーラーや専門店に持っていく必要があります。
(自分で交換することは可能)

■バンパーが傷付いている場合

まずは、
バンパーの傷が付いている個所に、
 黒い部分が見えているか?(図9)」
を確認しましょう。

図9.バンパーの傷が付いている個所に黒い部分のイメージ

もし、黒い部分が見えている場合は、傷が深く、
自分で修理することができない※ため、
ディーラーや専門店に持っていく必要があります。

(自分で交換することは可能)
※絶対に出来ないわけではありませんが、深い傷の修理はかなり難しく、
 自分でやってもきれいにならず、むしろ悪化する可能性もあります。
 自己責任で実施下さい。


傷の状態が微妙な場合は、傷に水をかけて、
傷が見えるかどうかを確認
(動画1:1:54~2:32)してみましょう。
傷が見えなくなる場合は、自分でも修理することができます。

コンパウンドで消える傷?消えない傷?
動画1:傷に水を掛けるイメージ(1:54~2:32)


ここまで読んで頂いた方は、
バンパーを自分で修理できるかどうかを
判断できるようになったと思います(`・ω・´)


ただ、「やっぱり、自分で修理するのは、不安だな…
と感じている方もいらっしゃると思います。
なので、「修理(交換)に掛かる費用」を確認してから、
自分でやるかどうかを決めましょう!

ディーラーや専門店での修理・交換に必要となる費用

ディーラーや専門店での修理・交換には、下記の費用が掛かります。
意外と高いんですよねぇ…(;´Д`)

修理・・・~5万円
交換・・・5~20万円



そんなに掛かるのなら、やっぱり、自分で修理する!
と思った方は、次で紹介する方法を参考にしてみて下さい!

■自分でバンパーの傷を修理する方法

soft99のコンパウンドで、
傷を磨けば、傷を消すことができますよ!(動画2)

ただし、ひとつだけ注意点があって、
細かく削る(番号が大きい)方から必ず使うことです!


コンパウンドで傷が直るのは、図10のように、
塗装を削っているためです。
そのため、粗く削る(番号が小さい)方から削ると、
逆に傷が深くなってしまう
可能性があるのです(´・ω・`)

図10.コンパウンドで傷が直るイメージ
コンパウンドで消える傷?消えない傷?
動画2:コンパウンドを使った傷の修理方法

Amazonで「SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 液体コンパウンドトライアルセット」購入

みなさん、傷を直す方法は理解できましたか?
うーん、なんか削り過ぎそうで怖いし、
 交換したい…けど、交換は費用が高いしなぁ…
と思った方もいらっしゃると思います。


そんな方に向けて、
交換に掛かる費用を少しでも安くする方法」を紹介します!

交換に掛かる費用を少しでも安くする方法

交換に掛かる費用を少しでも安くするには、
オークションなどで、中古のバンパーを購入し、自分で交換する
のがオススメです(‘ω’)
過去に私も、ek9のフロントフェンダーを、
中古(8400円)で購入して、ネットでやり方を探して、交換しましたょ!


ただ、交換するには、最低限の工具を持っていて、
きちんと工具を使える必要がありますので、
業者に交換を依頼する方もいらっしゃると思います。


仮に交換の見積もりで20万円のような高額な費用が掛かるとなったら、
車の買い替えを検討した方がお得になる可能性もあります。


というのは、バンパーが損傷していると、
買取額が大きく下がる場合があり、
中古車販売業者やディーラーでは
手数料や諸費用が思った以上にかかるという場合が多いため、
売ってしまって乗り換えた方がお得になる
というケースも多いのです。


もし、あなたの車のバンパーが損傷していて、
多額の交換費用が掛かるのであれば、
多額の廃車費用がかかってしまう業者に依頼するのではなく、
廃車買取が得意な
カーネクストで査定するのがおすすめです


廃車処分にかかるレッカー費用は無料です!
バンパーの修理のために高い費用を払うのであれば、
どんな車でも買取してくれるカーネクストで
査定をしてみるのをおすすめします。

事故車、故障車も全て高価買取!カーネクスト



■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
車のバンバーが、
どこについているが分かるようになった
方が多いと思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、コメント欄に記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました