【新車購入】車のドアバイザーの必要性とメリット・デメリットを解説

-車の勉強
この記事は約5分で読めます。

この記事は、「2020/10/25」に更新されました。

RiNneko
RiNneko

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、
車 ドアバイザー 」について
下記のような悩みをお持ちの方へ向けて書いてみました!

悩める人
悩める人

新車を購入しようと思っているんだけど、
「ドアバイザー」を付けるべきかどうかで迷ってる


具体的には、下記のような悩みがあります(;´・ω・)

①ドアバイザーって必要?

②ドアバイザーを付けたときの

 メリット・デメリットは?

③新車購入後にドアバイザーを

 付けるor外すことができるの?

★疑問・悩みへの回答
①ドアバイザーって必要?
 必ず必要な訳ではありません
 ただ、当然付けなかったときの
 デメリットもあり
ますので、
 メリット・デメリットをきちんと把握してから、
 どうするべきかを決めましょう!


②ドアバイザーを付けなかったときのメリット・デメリットは?
 ⇒★メリット
  ・高速走行時に、風切り音が鳴らない
  ・車のデザインが崩れない

  ・洗車がしやすい


  ★デメリット
  ・雨の日に窓を開けられない
  ・車を駐車したときに、窓を少しだけ開けておけない



③新車購入後にドアバイザーを付けるor外すことができるか?
 取り付けることも、取り外すこともできます!
  ただし、自分でやるのは難しいので、
  ディーラーやカー用品店などで
  交換してもらうことになるため、
  部品代と工賃が必要(1~2万円)になります。

★本記事の内容
下記項目を解説します!
・ドアバイザーの必要性
・ドアバイザーを付けなかったときのメリット・デメリット
・ドアバイザーを付けるor外すことができるかどうか?

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b


■【新車購入】車のドアバイザーの必要性とメリット・デメリットを解説

ドアバイザーの必要性

冒頭でも説明させて頂いた通り、
必ず必要な訳ではありません


ただ、ドアバイザーを付けなかったときの
デメリットもあ
ますので、
この後に説明させていただく、

ドアバイザーを付けたときのメリット・デメリット
をきちんと理解しましょう!

■ドアバイザーを付けなかったときのメリット・デメリット

■メリット①:高速走行でも、風切り音が鳴らない

ドアバイザーを設置していると、高速道路などで、
車との隙間スペースに空気が勢いよく吹き込んだ時に、
ドアバイザーが振動する事によって風切音が発生(動画1)します。
かなり耳障りな音なので、運転に支障が出る可能性があります(´・ω・`)

風切り音 ノイズ音
動画1:風切り音のイメージ

■メリット②:車のデザインが崩れない

新車のカタログや写真では、
ドアバイザーが付いていない
デザインの写真が掲載されているため、
ドアバイザーが付いたときのデザインを
イメージするのが難しいことが多いです。


実際に、明るめの色の車にドアバイザーを付けると、

ドアバイザーが浮いてしまうことがあります。


逆に、暗めの色の車には、
シックな雰囲気を醸し出されて、
良くなることもあります。

■メリット③:洗車がしやすい

手洗い洗車をしたことがある人なら分かると思いますが、
効率よく洗車するために、初めは、
高い場所に位置しているルーフから洗車をします。


しかし、ドアバイザーが付いていると、
ルーフ部から落ちてきた水や液剤が、
外側へと弾かれる
ため、
洗車の効率が悪くなってしまいます。

■デメリット①:雨の日に窓を開けられない

ドアバイザーは、基本的に雨除けとして使われます
ドアバイザーが付いていれば、
窓の上部を少し開けても、雨が入ってきません。
そのため窓から雨が入りこむのを防ぐことができます。


雨の日に、窓を開けられると、
下記のようなメリットがあります。
・臭いが気になるとき(食事や喫煙)に窓を開けて換気ができる
・ガラスの曇りを防止できる
・踏切など音を聞いて安全確認できる

■デメリット②:車を駐車したときに、窓を少しだけ開けておけない

ドアバイザーが付いていると、
窓の隙間から、特殊な器具を入れて
ドアロックを解除することが難しくなります


しかし、ドアバイザーが付いていないと、

簡単にドアロックを解除されてしまうため、
夏場の炎天下などで窓を開けられなくなります

■新車を購入した後に、ドアバイザーを付けるor外すことができるか?

取り付けることも、取り外すこともできます


ただし、自分でやるのは難しい(下記の動画2~4を参照)ので、
ディーラーやカー用品店で交換してもらうことになります。

費用は、一概には言えませんが、
だいたい1~2万円で交換できます。

80系ノアに社外ドアバイザーを取り付けてみた!
動画2:ドアバイザーの取り付け
ドアバイザー取り外し(前編)
動画3:ドアバイザーの取り外し①
ドアバイザー取り外し(後編)
動画4:ドアバイザーの取り外し②

■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
新車に「ドアバイザー」を付けるべきか
どうかを判断できるようになった
と思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、コメント欄に記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました