車のハンドルが重い4つの原因と試してみるべき3つの方法!

-運転
この記事は約9分で読めます。

この記事は、「2020/11/15」に更新されました。

RiNneko
RiNneko

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、
車のハンドル」について
下記のような悩みをお持ちの方へ向けて書いてみました!

悩める人
悩める人

最近、家族も増えたから、
大きい車に買い替えしたんだけど、
前の車よりもハンドルが重いし、
回しにくいので困ってる。


このまま放置して、
事故になんてあったらシャレにならないから、
なんとかしたいんだけど、
どうすればいいかわからない…


★具体的な悩み
①ハンドルが重くなったのはなぜ?
 軽くするにはどうすればいい?

②ハンドルを上手くスムーズに
 回す方法ってある?

★疑問・悩みへの回答
①ハンドルが重くなったのはなぜ?
 軽くするにはどうすればいい?

 重くなる原因は、主に下記4つです。
 1.パワーステアリングが故障している
 2.タイヤと地面の抵抗が大きくなった
 3.ハンドルの直径が小さくなった
 4.ハンドルの素材が滑りやすいものに変わった

 ※ハンドルを少ない力で回すようにするための装置


・それぞれの原因への対処方法
 1.パワーステアリングが故障している
 ⇒成人男性でもハンドルを回すのが困難なくらい
  重くなるため、今回は除外しましょう。



 2.タイヤと地面の抵抗が大きくなった

 ⇒タイヤの空気圧が減っていないか確認して、
  減っていたら、

  タイヤに空気を補充しましょう!
  (ガソリンスタンドで無料で簡単にできます)



 3.ハンドルの半径が小さくなった

 ⇒ハンドルを交換orハンドルカバーを付けて、
  ハンドルの半径を大きく
しましょう!


 4.ハンドルの素材が滑りやすいものに変わった

 ⇒滑りにくい素材のハンドルカバーを付けて
  しっかりと握れるようにしましょう!


———————————————————————————————-
②ハンドルを上手くスムーズに回す方法ってある?
・正しいハンドルの握り方
 正しいハンドルの回し方
 を勉強して、実践すれば上手くスムーズに回せますよ!
 文章だけで説明するのは難しいので、
 お手数ですが、後に出てくる詳細をご覧ください💦

★本記事の内容
下記項目を解説します!
・ハンドルが重くなる理由と軽くする方法
・ハンドルを上手くスムーズに回す方法

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b


車のハンドルが重い4つの原因と試してみるべき3つの方法!

ハンドルが重くなる理由と軽くする方法

ハンドルが重くなる4つの理由

1.パワーステアリングが故障している

パワーステアリング(動画1)は、
ハンドルを回すのを補助する装置ですので、
故障すると、自分で回す力が多くなるため、
ハンドルが重くなります。

車のステアリングとパワーステアリングを理解する
動画1:パワーステアリング(電動)の説明(5:23~)

パワーステアリングが故障すると、
成人男性でもハンドルを回すのが困難なくらい重くなります

2.タイヤと地面の抵抗が大きくなった

タイヤと地面の抵抗は、
・車重が重くなった
・タイヤが太くなった
・タイヤの空気圧が低くなった

が主な原因で、大きくなります。


抵抗が大きくなると、
タイヤの方向を変えるのに必要な力も大きくなるため、
ハンドルが重くなります。
(晴れの日と雨の日では、
雨の日の方がハンドルが軽くなるのも、同じ理由です)

3.ハンドルの半径が小さくなった

図1のように、ハンドルの半径が小さくなるほど、ハンドルが重くなります。

図1.ハンドルの直径と重さの関係

半径が小さくなると、ハンドルが重くなる理由は、
図2の「力のモーメント」が関係しています。


力のモーメントとは、物を回転させるときの力の大きさを表していて、
力のモーメント=回転させる力 × 回転中心~力を加える箇所の距離
となるため、ハンドルの半径が小さくなると、

力のモーメント(シャフトを回す力)が小さくなります。


しかし、タイヤを同じ分だけ傾けるには、
同じ力でシャフトを回す必要があり、半径が小さくなった分だけ、
手で回転させる力を大きくしなければならないため、
ハンドルが重くなるのです。

図2.力のモーメントの定義
4.ハンドルの素材が滑りやすいものに変わった

滑りやすい素材だと、ハンドルをうまく握ることができないため、
ハンドルに上手く力を掛けることが出来ません。
そのため、ハンドルに余分な力を掛ける分だけ、重くなります。

(図2の、「F:回転させる力」が小さくなる)

ハンドルを軽くするために試してみるべき3つの方法

1.タイヤの空気圧を調整する

タイヤの空気圧が低いと、
図2のように、タイヤの変形量が大きくなります。



タイヤは、地面に接している部分が、

車の重さによってつぶれますが、その後、元に戻ろうします。
この時に、エネルギーの損失が発生するため、
転がり抵抗が大きくなって、ハンドルが重くなります(図3)。

図3.タイヤの空気圧と変形量

そのため、空気圧を調整して、空気圧が低い状態を解消すれば、
ハンドルが軽くなるのです!


ちなみに、空気圧の調整は、
ガソリンスタンドで無料でできますよ!

合わせる空気圧は、一般的に、運転席ドアの開口部に書かれています(図4)。
もし記載がない場合は、取扱説明書等で確認しましょう。

図4.タイヤ空気圧のチェック方法
2.ハンドルの半径を大きくする

ハンドルの半径を大きくすれば、ハンドルが軽くなります。
(図2の、「F:回転させる力」が大きくなる)


具体的な方法としては、
・ハンドルカバーを装着する
・半径が大きいハンドルに交換する(時間・費用が掛かるためおすすめしません)
がおすすめです。

3.滑りにくい素材のハンドルカバーを装着する

滑りにくい素材に変えれば、ハンドルをうまく握ることができるため、
ハンドルに上手く力を掛けられるようになるため、ハンドルが軽くなります。
(図2の、「F:回転させる力」が大きくなる)



こちらも、具体的な方法としては、
・ハンドルカバーを装着する
・半径が大きいハンドルに交換する(時間・費用が掛かるためおすすめしません)
がおすすめです。

■ハンドルカバーの選び方とおすすめ商品の紹介

■ハンドルカバーの選び方

選ぶコツは3つです。
・サイズ(直径)
・形状
・素材



それぞれのコツを見ていきましょう!

■サイズ(直径)

ハンドルカバーに明記のある対応(適用)サイズとは、
純正ハンドルの直径(図5)のことを指しています。


国産車の場合は、
S(36〜37㎝前後)
M(38〜39㎝前後)
に当てはまりますが、
購入前に、自分の車のハンドルの直径を測っておきましょう!

図5.ハンドルの直径イメージ
■形状の注意点

ここ数年で、特殊なハンドル形状の車が増えてきており、
場合によっては装着できないケースがありますので要注意です。


有名なところでは、
・縦と横の直径が違う「非正円型」(30プリウスで採用)

・底辺部がフラットとなっている「Dシェイプ型(図6)」(日産車やスズキ車などで採用)
があります。

図6.Dシェイプ型ハンドルのイメージ

自分の車のハンドルが、
どの形状なのかをしっかりと確認してから、
購入するようにしましょう!

■素材の注意点

「滑りにくい素材」という点だけ注意して頂ければ、
後は、みなさんの気にいったものを購入頂ければOKです。

■おすすめのハンドルカバー

Amazonで高評価を得ている、
ハンドルカバーをサイズ毎(DシェイプMサイズのみ無) に紹介しますので、
お気に入りの商品があるかどうか見てみて下さい(*’▽’)

■円形:Sサイズ(直径:36.5~37.9cm):ZATOOTO「LY06-BW

⇒Amazonで
ZATOOTO「LY06-BW」」
を購入

■円形:Mサイズ(直径:38.0~39.0cm):Ontto「jkl001」

⇒Amazonで
Ontto「jkl001」
を購入

■Dシェイプ:Sサイズ(直径:36.5~37.9cm):ZATOOTO「LY06-BW

⇒Amazonで
ZATOOTO「LY06-BW」」
を購入
—————————————————————————–
ここまで読んで頂いた方は、
ハンドルが重くなる理由と軽くする方法
と思います(`・ω・´)



ただ、
ハンドルが軽くなったのはうれしいんだけど、
 なんかハンドルをうまく回せないんだよね
と思われている方もいらっしゃると思います。


なので、次は、
ハンドルをうまくスムーズに回す方法
を解説します(‘ω’*)

■ハンドルをうまくスムーズに回す方法

・正しいハンドルの握り方
正しいハンドルの回し方

を勉強して、実践すれば上手くスムーズに回せます!


まずは、ハンドルの正しい握り方を勉強しましょう!

ハンドルの正しい握り方

ハンドルの正しい握るためのポイントは、
・握る位置
・握り方

の2つです。


・握る位置(図7参照)
 ⇒左手・・・①10時 or ②9時
  右手・・・①2時 or ②3時

  のように、①or②のいずれかで握りましょう!
  

図7.ハンドルの握り位置イメージ

片手でハンドルを握るのは厳禁ですよ。
よく街中で、図8のような握り方が見られますが、絶対にNGです。
もしものときに、ハンドルを切ることができませんから。

図8.NGなハンドルの握り方

・握り方
 ⇒
力を入れすぎずに、軽く包み込むように持ちましょう(図9)。
   特に、親指をハンドルの後ろ側に入れないように注意です(図10)。

図9.正しいハンドルの握り方
図10.NGなハンドルの握り方

ハンドルの正しい回し方

ハンドルの正しい握り方が分かったので、
次は、「ハンドルの正しい回し方」を勉強しましょう!


ハンドルの正しい回し方は、
・クロスハンドル
・プッシュ・プルハンドル

の2つです。



ハンドルを速くたくさん回したいときは、
クロスハンドルを使いましょう。

逆に、
ゆっくり少しずつ回したいときは、
プッシュ・プルハンドルを使うのがおすすめです。


ちなみに、私は、普段の運転では、
ほぼ、プッシュ・プルハンドルを使用しています。
切り返しなどで、素早くハンドルを回す時だけ、
クロスハンドルで対応しています。



それぞれの説明動画を用意しましたので、
まずは、なんとなくのイメージをつかんで、
徐々に実際の運転でコツを掴んでいきましょう!



慣れるまでは、余裕がある時だけ、意識をするようにしてください。
ハンドル操作に集中しすぎると、事故の可能性が上がりますから(;´Д`)

クロスハンドル
クルマの運転の基本 ~ハンドル操作(回し方)~ 「クロスハンドル」
動画2.クロスハンドルの回し方
プッシュ・プルハンドル
クルマの運転の基本 ~ハンドル操作(回し方)~ 「プッシュプルハンドル」
動画3.プッシュ・プルハンドルの回し方

■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
ハンドルを軽くして、
快適&安全に運転ができるようになった
と思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、
コメント欄やお問い合わせに記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました