車のペダル操作を向上させて、上手に発進・停車&踏み間違いを防止!

運転
この記事は約10分で読めます。

この記事は、「2020/11/21」に更新されました。

RiNneko
RiNneko

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、
車のペダル」について
下記のような悩みをお持ちの方へ向けて書いてみました!

悩める人
悩める人

実は、最近、結婚しまして(*’ω’*)
妻とはもちろん、義祖父母との仲も良く、
子供も近いうちに欲しいと考えていて、
順風満帆な結婚生活を送っています(*’▽’)
車に関する悩みを除くと、ですが。。


★具体的な悩み
妻から車の運転(特に発進・停車)が
 もっとうまくなって欲しいと
 言われているけど、
 どうすれば上手くなれるのかわからない



義祖父母が、ペダルの踏み間違えを
 しないか心配…何か良い手はない?

★疑問・悩みへの回答
妻から車の運転(特に発進・停車)がもっとうまくなって欲しいと
 言われているけど、どうすれば上手くなれるのかわからない

 
正しい姿勢とペダル操作で運転すれば、
  発進・停車が上手くなりますよ!


  重要なのは、
   ・ドライビングポジション
  ・ペダルへの足の配置
  ・ペダルの踏み方

  の3つです。


それぞれのコツとしては下記のようになります!
「ドライビングポジション」
 ・おしりとシートに隙間ができないように深く座る
 ・アクセルとブレーキペダルを一番奥まで踏んだときに、
  膝が少し曲がる
 ・ハンドルの上の方を持ったときに、肘が少し曲がる


ペダルへの足の配置
 ・ブレーキの正面くらいに、かかとをつけて足を配置


「ペダルの踏み方」
 ・かかとを支点に、アクセルとブレーキを踏む
 ・発進時は、アクセルをじわっと和らかく踏んで発進
 ・停止時は、ブレーキもじわっと踏んで、
  止まる直前に踏む力を弱めて、滑らかに停止

———————————————————————————————-
②義祖父母が、ペダルの踏み間違えをしないか心配…
 何か良い手はない?
方法は3つあります。

1:運転のひとつひとつの操作を、
  落ち着いてゆっくりと確実に行ってもらう

  実は、ペダルの踏み間違いは、「駐車場」などの、
  アクセルとブレーキを頻繁に使い分けるような
  状況で起きやすいということが、統計上分かっています。



  同時にいくつもの操作を行うと、頭が混乱して、
  操作ミスが起こりやすい為、一旦落ち着いて、
  次に何をしないといけないかを確認してから、
  正しい操作を行うことで、踏み間違えを防止できるのです。



2:踏み間違え防止装置が付いた車に
  乗ってもらう

  有名どころで言いますと、
  「スバルのアイサイト」などがありますね。



  カメラやセンサを使い、前方もしくは後方に
  障害物があるときには、車が急発進しないように
  してくれるため、踏み間違えによる事故を
  防止できるのです。



3:後付けの踏み間違え防止装置を付ける
  方法2のような装置が付いていない車に乗っている方でも、
  後付けで踏み間違え防止装置を付けることができます。

  

  物によって差はありますが、
  価格は「5万円前後」で、決して高くはありません。
  さらに、「サポカー補助金(65歳以上の方)」という

  補助金も使用すれば、
  もっと安く手に入れることも可能ですよ!

★本記事の内容
下記項目を解説します!
発進と停車を上手にする方法
ペダルの踏み間違いを防止する方法

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b

目次(Contents)


車のペダル操作を向上させて、上手に発進・停車&踏み間違いを防止!

■発進と停車を上手にする方法

発進と停車を上手にするには、
・ドライビングポジション
・ペダルへの足の配置方法
・ペダルの踏み方

が重要になります。


ひとつずつ、詳細を見ていきましょう!

ドライビングポジションの合わせ方

ドライビングポジションは、
最終的に図1のようになるよう、
下記の手順に沿って合わせればOKです!

手順①:おしりが、シートに密着するように座る

手順②:右足で、アクセルとブレーキを一番奥まで踏んでも、
    膝が曲がる位置にシートを前後させる


手順③:背中をシートに密着するように座る


手順④:ハンドルの上の方を持っても、
    肘が曲がる位置にシートのリクライニングを前後させる

図1.正しいドライビングポジション


NGなドライビングポジション例(図2~4)に
ならないように注意しましょう!

図2.NGなドライビングポジション例①
図3.NGなドライビングポジション例②
図3.NGなドライビングポジション例③
「86 MTの運転を全て見せます (高速道路でのシフト操作編)」~栗田佳織とドライビングサイボーグ滝本のリアルドライブ~
動画1:ドライビングポジションの合わせ方

ペダルへの足の配置方法

操作をしない左足はフットレストに置きましょう


右足は、いつでもブレーキを強く踏めるようにするために、
ブレーキペダルに真っすぐに合わせましょう。
(かかとは、床につけておけばOKです)


アクセルペダルは、
右足のかかと支点に、
右足の指の付け根辺りで踏みましょう。


ブレーキを踏む際の注意点として、
ブレーキをかかとを浮かせて踏まないようにしましょう!

図4.正しいペダルへの足の配置方法

ペダルの踏み方

「ペダル操作」 楽しくなる!正しい運転のコツ (4/5)
動画2:正しいペダル操作方法
■アクセルペダルの踏み方

上手なアクセルペダルの操作のポイントは、
・急発進、急加速をしない
・同乗者の体を前後に揺さぶらない

です。


上記を実現するには、
走り始めは、じわっと柔らかく踏んで
ある程度、スピードが出たら少し強く踏んで、
狙いの速度になったら、ペダルを一定にしましょう(図5)。

図5.正しいアクセルの踏み方
■ブレーキペダルの踏み方

上手なブレーキペダルの操作ポイントは、
アクセルペダル操作と同じように、
・急減速をしない
・同乗者の体を前後に揺さぶらない

です。


上記を実現するには、
減速始めは、じわっと柔らかく踏んで
その後は、一定の力でブレーキを踏みつつ、
狙いの速度になったら、ペダルを一定にしましょう。



そして、止まる直前に、
ブレーキペダルをじわっと少しずつ戻すと、
滑らかに停止できます(図6)。

図6.正しいブレーキの踏み方

ペダルの踏み間違いを防止する方法

方法1:運転のひとつひとつの操作を、落ち着いてゆっくりと確実に行ってもらう

冒頭で述べましたように、ペダルの踏み間違いは、
「駐車場」などの、アクセルとブレーキを頻繁に
使い分けるような状況で起きやすいということが、
統計上分かっています(情報元)。


同時にいくつもの操作を行うと、
頭が混乱して、操作ミスが起こりやすい為、
一旦落ち着いて、次に何をしないといけないかを確認してから、
正しい操作を行うことで、踏み間違えを防止できるのです。


とは言えども、予期しない事態などでは、
どうしても操作ミスが起こってしまう
ことがあるため、
機械の助けを借りるのも重要となります。
次は、日本のメーカーの踏み間違い防止装置を紹介しますね。

方法2:踏み間違い防止装置が付いた車に乗ってもらう

踏み間違い防止装置が付いている車種

踏み間違い防止装置は、
各自動車メーカーから発売されている多くの車種に装備されています。
近年では、普通車だけでなく、軽自動車への普及も進んでいるため、
今や廉価グレードを除けば、ほとんどの車種で踏み間違い
防止装置が付いているモデルを選ぶことができます。


各メーカーで発売されている装置についての
動画を貼り付けしておきましたので、
今後、新車の購入を検討させている方は、
事前に見ておくといいと思います!

トヨタの踏み間違え防止装置「トヨタセーフティセンス」
【自動ブレーキ】インテリジェントクリアランスソナー説明動画【Toyota Safety Sense】
日産の踏み間違え防止装置「踏み間違い衝突防止アシスト」
【日産の安全への取り組み】踏み間違い衝突防止アシスト
トヨタの踏み間違え防止装置「Honda SENSING」
Honda SENSING乗車体験会/宮崎県ホンダカーズ
マツダの踏み間違え防止装置「i-ACTIVSENSE」
マツダCX-5のAT誤発進抑制機能を体験
スズキの踏み間違え防止装置「スズキセーフティーサポート」
スズキ誤発進抑制機能 (Suzuki false start suppression function / Japanese)
ダイハツの踏み間違え防止装置「スマートアシスト」
安全装備 スマートアシスト ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方) ダイハツ公式
スバルの踏み間違え防止装置「アイサイト」
SUBARUテクノロジー:アイサイト[後退時ブレーキアシスト]

方法3:後付けで踏み間違え防止装置を付ける

自動車メーカーやそれ以外のメーカーから
多くの商品が発売されていますが、
基本的に、
ブレーキ制御はつかないタイプが主になります


この後、各メーカーで発売されている装置について、
それぞれの特徴を紹介しますが、
装着できない車種も、まだまだ多いため、
事前に装着できることを確認しておきましょう。。



あと、
サポカー補助金を使えば、
最大「4万円」の補助が出ますので、
義祖父母の車に付けられそうなものがないか探してみてください!
情報元

トヨタの踏み間違え防止装置「踏み間違い加速抑制システム/踏み間違い加速抑制システムⅡ」(補助金なしで~56000円)

初代のシステムは、前方に障害物を感知したときに、
アクセルを強く踏むと、
エンジン出力を抑えることで急発進を防止します。


Ⅱでは、障害物の有無に関係なく加速を抑制することで
より幅広い踏み間違いに対応し、事故の防止や被害を軽減します。


もっと情報が欲しい方はこちら⇒トヨタ公式HP

踏み間違い加速抑制システムⅡ
ホンダの踏み間違え防止装置「踏み間違い加速抑制システム」(補助金なしで、52800円)

こちらは、基本的に、トヨタの物を同じシステムになりますので、
詳細は割愛します(以降メーカーも同様)。


もっと情報が欲しい方はこちら⇒ホンダアクセス公式HP

マツダの踏み間違え防止装置「ペダル踏み間違い加速抑制装置」(補助金なしで、67100円)

もっと情報が欲しい方はこちら⇒マツダ公式HP

スズキの踏み間違え防止装置「ふみまちがい時加速抑制システム」(補助金なしで、52800円)

もっと情報が欲しい方はこちら⇒スズキ公式HP

ダイハツの踏み間違え防止装置「つくつく防止」(補助金なしで、34560円)

もっと情報が欲しい方はこちら⇒ダイハツ公式HP

スバルの踏み間違え防止装置「ペダル踏み間違い時 加速抑制装置」補助金なし+工賃込みで、92950円)

もっと情報が欲しい方はこちら⇒スバル公式HP

社外メーカー:JARWA「S-DRIVE」(補助金なしで、33300円)

JARWA(一般社団法人日本自動車車体補修協会)が
販売しているS-DRIVEは、アクセルセンサーが、
異常と判断したときにエンジン出力・加速を抑制すると同時に、
警告音やランプで注意喚起をします。


もっと情報が欲しい方はこちら⇒JARWA公式HP

社外メーカー:オートバックス「ペダルの見張り番Ⅱ」(補助金なし+工賃込みで、44000円)

こちらは、基本的に、JARWAの物を同じシステムになりますので、
詳細は割愛します。



もっと情報が欲しい方はこちら⇒オートバックス公式HP

急発進防止装置『ペダルの見張り番Ⅱ』のご紹介 | オートバックス

■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
ペダルの踏み間違えを防止と、
上手に発進・停車ができるようになったはずです
が分かるようになったと思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、
コメント欄やお問い合わせに記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました