車のブレーキがキーキー鳴る理由と対策&ブレーキの仕組と種類を解説

修理・維持
この記事は約10分で読めます。

この記事は、「2020/12/13」に更新されました。

RiNneko
RiNneko

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、
車のブレーキ
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!

悩める人
悩める人

最近、ブレーキを踏むと、
キーキーという嫌な音が
鳴る
ようになったんだ。


単純に不快だし、
何だか止まりにくくなって
いる気がするからとても心配…


あと、家族から、
もっとゆっくり発進と停車を
してほしい、という苦情が
来ている
んだけど、
どうしたらいいのか
分からなくて…(;´д`)



★具体的な悩み⇩
①ブレーキがキーキー鳴る理由は?
 何かした方がいいの?

②ブレーキペダルを
 踏むとなぜ車は止まるの?

③発進と停車を上手になるには
 どうすればいいの?

★疑問・悩みへの回答
①ブレーキがキーキー鳴る理由は?
 何かした方がいいの?
 理由は、

 ブレーキの部品が
 振動するためです。


 振動して音が鳴る条件は、
 大きく下記の3つに分けられます。
 ①寒い日の走り初めに
   ブレーキを踏んだ時に
   だけ鳴る

 ②ある程度走った後

   ブレーキを
   踏んだ時に鳴る

 ③走行中にブレーキ

   踏んでいないのに鳴る


  ①は正常な状態でも起こる現象なため、
  特に何もすることはありません。


  問題なのは、②と③で、
  ブレーキに何かしらの異常がある
  可能性がありますので、
  至急、ディーラー等で点検して
  もらう
ことをオススメします。

②ブレーキペダルを踏むとなぜ車は止まるの?
 少しだけ学問的な話になりますが、
  ブレーキペダルを踏むと、
 ブレーキの金属部品が
擦れ合い
  車の動くエネルギーが
  摩擦による熱エネルギー
  に変換される
  ため、車が止まります( ;∀;)


  身近な例で言いますと、
  靴を履いた状態で、少しダッシュして、
  ジャンプし、そのまま着地すると、
  少しだけ進んで、止まりますよね?


  その時に、靴底に少し熱を帯びませんか?
  まさに、これが車のブレーキと同じで、
  自分の身体を動かすためのエネルギーが、
  地面と靴の摩擦熱エネルギーに
  変わるために止まるのです。


  ブレーキを踏んだ時に金属が
  擦れ合う仕組みなどは、
  後ほどイラストを交えて解説しますね!

③発進と停車を上手になるにはどうすればいいの?
 正しい姿勢とペダル操作
  運転すれば、
  発進・停車が
  上手くなりますよ!


  重要なのは、
 ・ドライビングポジション
 ・ペダルへの足の配置
 ・ペダルの踏み方

  の3つです。


  それぞれのコツとしては下記のようになります!

★ドライビングポジション
 ・おしりとシートに隙間ができないように深く座る
 ・アクセルとブレーキペダルを一番奥まで踏んだときに、
  膝が少し曲がる
 ・ハンドルの上の方を持ったときに、肘が少し曲がる

★ペダルへの足の配置
 ・ブレーキの正面くらいに、かかとをつけて足を配置

★ペダルの踏み方
 ・かかとを支点に、アクセルとブレーキを踏む
 ・発進時は、アクセルをじわっと和らかく踏んで発進
 ・停止時は、ブレーキもじわっと踏んで、
  止まる直前に踏む力を弱めて、滑らかに停止

★本記事の内容
下記項目を解説します!
・ブレーキがキーキー鳴る理由と対策
・ブレーキの仕組みと種類
・発進と停車を上手にする方法

★自己紹介
この記事は、車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方でも理解しやすいように、
図や表を使って、出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容などもお伝えできると思います(`・ω・´)b


車のブレーキがキーキー鳴る理由と対策&ブレーキの仕組みと種類を解説

ブレーキがキーキー鳴る理由と対策

ブレーキがキーキー鳴る理由

おさらいになりますが、
ブレーキがキーキーなる理由は、
ブレーキの部品が振動するため
です。


具体的には、
ディスクブレーキ(図3)の

ブレーキパッド

ディスクローター
が擦れ合って、振動が起こります。


図4のドラムブレーキでも音が鳴ることがありますが、
ほとんどがディスクブレーキで起こります。


ブレーキがキーキー鳴る条件

条件①:寒い日の走り初めで部品が冷えている時

ブレーキパッドとディスクローターは、
熱を帯びると
少し柔らかくなります


しかし、冬の寒い時には、
金属が冷えていて、
柔らかさが失われているため、
ブレーキをかけると、
固い金属同士が摩耗し、
通常であれば吸収できる振動が
異音となるのです。


条件②:ブレーキパッドが減っている時

ブレーキパッドには、
パッドウェアインジケーター
というパッドが減ってきたことを
知らせるための特殊な金属が付いています※。


パッドが減ってくると、
この特殊な金属とディスクローターが接触して、
キーキーという音を出して
ドライバーにパッドが
減っていることを
知らせる
ようになっています。

※ブレーキパッドによっては、
 付いていない物もあります


条件③:ブレーキローターが傷ついている時

パッドのみを新品に交換した場合、
交換していないブレーキローターと
正しく接触していないことがあり、
それが原因で鳴きが発生することがあります。


また、ブレーキローターに、
古いパッドの研磨剤などが付着したままだったり、
ブレーキローター面の傷が原因になることもあります。


条件④:ブレーキパッドが傾いて付いている時

パッドが傾いて付いている場合、
パッドとブレーキロータが、
常に接触することがあり、
キーキー音が鳴ることがあります。


接触が酷いと、
走行中に常にキーキー鳴ることもあります(;´Д`)


ブレーキがキーキーなる時の対策方法

対策方法は、いくつかあり、
自分でも出来る物もありますが、
個人的には、
ディーラー等の整備の
プロに見てもらって
対策方法を決める
のがベストだと思っています。


理由は、
キーキーなる原因の特定が難しいことや、
間違った対策をして
いざという時にブレーキが効かず、
事故に繋がる危険性があるからです。


例えば、ブレーキパッドの残りが少なくなっているのに、
市販のグリース(潤滑剤)などで鳴きを対策すると、
鳴きは解消されるかもしれませんが、
ブレーキパッドはどんどん減っていき、
最終的には、ブレーキが効かなくなって、
事故に繋がる可能性が高くなります。


また、仮にブレーキパッドを自分で
交換したとしても、
傾いて取り付けしてしまう可能性が高いため、
結局キーキー音が直らないことも多いです。


ブレーキは、車の中でも、
1,2位を争うくらい重要な機能であり、
一歩間違えれば、大惨事に繋がりかねません(^_^;)


自分は詳しいからと過信せずに、
信頼できるプロの方にお任せしましょう!


ブレーキの仕組みと種類

■フットブレーキの仕組み

■フットブレーキの構造

フットブレーキは、油圧の力が利用されています。
ドライバーがブレーキペダルを踏み込むと、
まずブレーキブースター(図2)によって
踏力が数倍程度に増大されます。


増大された踏力は、
マスターシリンダーに伝わり、
ブレーキフルードが加圧されて、
4つの駆動輪のブレーキ装置へ伝達されます。


それぞれのブレーキ装置に油圧が加わると、
ブレーキの金属が擦れ合って、
摩擦熱が発生し、車が減速し始めます。

図1.フットブレーキの仕組みイメージ



■ブレーキブースター

ブレーキブースターは、
ブレーキペダルの踏力を大きくする倍力装置です。


仕組みは単純で、
ブレーキペダルを踏むと、
ブレーキブースターの右側に空気が入り込み、
ブレーキブースターの左右に圧力差が生まれ、
マスターシリンダー内のブレーキフルードを押して、
各ブレーキ装置に、
油圧を掛けられるようになっています。


ちなみに、エンジンを停止した後に、
ブレーキペダルを何回か踏むと、
ブレーキペダルがだんだん重くなるという
経験をしたことはありますか?


その理由は、エンジンを停止すると、
エンジンの負圧が無くなり、
ブレーキブースター内の圧力差も無くなるため、
ブレーキペダルが重くなるという仕組みです。

図2.ブレーキブースターの仕組みイメージ




■ブレーキの種類

■ディスクブレーキ(フットブレーキ)

ディスクブレーキは、
近年多くの乗用車で使用されるように
なったフットブレーキです。


ブレーキペダルと踏むと、
ブレーキキャリパー内のピストンが押されて、
車輪と一緒に回転するブレーキローターを、
両側からブレーキパッドで押さえつけることで、
車を減速させる仕組みとなっています。

図3.ディスクブレーキの仕組みイメージ

後述する、ドラムブレーキと違い、
ブレーキ自体が露出しているため放熱性が良く、
ドラムブレーキに比べてフェード現象が
起こりにくくなっています。


しかし、反対にドラムブレーキの自己サーボ効果
(制動力を大きくする効果)がないため、
制動力は少し劣ります。


■ドラムブレーキ(フットブレーキ)

ドラムブレーキは、
少し前の普通車や軽自動車の後輪に
多く採用されているブレーキです。


ブレーキペダルと踏むと、
ブレーキホイールシリンダー内のピストンが押されて、
車輪と一緒に回転するブレーキドラムを、
内側からブレーキシューで押さえつけることで、
車を減速させる仕組みとなっています。

図4.ドラムブレーキの仕組みイメージ

前述した、ディスクブレーキとの違いとしては、
製造コストが低い、自己サーボ効果がある、
などのメリットがあります。


しかし、反対にドラムブレーキは、
ブレーキ自体が、ドラムの中に内蔵されているため、
放熱性が悪く、フェード現象が起こりやすくなっています。
そのため、非駆動輪に使用されることが多くなっています。


【解説】超簡単 なかなか見るコトのないドラムブレーキの仕組み
動画1:ドラムブレーキの内部
■パーキングブレーキ(サイドブレーキ)

パーキングブレーキ(サイドブレーキ)は、
主に停車時の静止状態を保つために使用します。


パーキングブレーキの多くは、

レバーを引いたり、足で押したりした際に、
ワイヤーが引かれ、
後輪の2輪のブレーキパッドを動作させるブレーキです。


ご存じの方も多いと思いますが、
パーキングブレーキが作動していると、
メーターパネルのブレーキ警告灯が点灯します(図5)。

図5.ブレーキ警告灯のイメージ
■合わせて読みたい:車のメーター上に見慣れないマークが付いたら?⇒赤色はすぐに対処!
■エンジンブレーキ

エンジンブレーキは、アクセルを緩めて、
エンジンの出力を落として掛けるブレーキです。


エンジンブレーキは、
長い下り坂で使用すると効果的です。


長い下り坂で、フットブレーキだけを使うと、
フェード現象やベーパーロック現象という、
フットブレーキが効かなくなる現象が起きます。


そのため、エンジンブレーキを使って、
フットブレーキの使用頻度を落とし、
フットブレーキが効かなくなるのを
防ぐ必要があるのです。

発進と停車を上手にする方法⇩記事に詳細あり!

発進と停車を上手になるための方法を、
下記の記事でがっつりと解説していますので、
ぜひ読んでみて下さい!

■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
車のブレーキ
についてマスター
できたと思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、
コメント欄やお問い合わせに記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました