車の燃費や操縦性が悪くなったら⇒タイヤの空気圧の調整してみよう!

修理・維持
この記事は約8分で読めます。

この記事は、「2020/12/26」に更新されました。

RiNneko
RiNneko

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、
車のタイヤの空気圧
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!

悩める人
悩める人

最近、車の燃費や
ハンドルの操縦性が
悪くなっていて



だけど、特に、
故障している部分は
見当たらなくて、
困っているんだ…


★具体的な悩み⇩
①燃費や操縦性が悪くなる
 原因って何がある?


②タイヤの空気圧は
 どこで、どうすれば、
 入れられるの?


③タイヤの空気圧は、
 どのくらいの頻度で
 調整するの?

★疑問・悩みへの回答
①燃費や操縦性が悪くなる
 原因って何がある?
よくある原因として、
 タイヤの空気圧の低下
 挙げられます。


 タイヤの空気圧が低くなると、
 接地面積が大きくなり、
 転がり抵抗が増えて、
 燃費が悪化します。


 また、空気圧が減るとその分だけ
 タイヤは変形しやすくなり、
 潰れてしまいます。


 自転車でも、タイヤの空気が減ると、
 ペダルが重くなり、舵を切っても
 曲がりにくくなるというのと同じで、
 車も操縦性が悪くなるのです。

②タイヤの空気圧は
 どこで、どうすれば、
 入れられるの?
タイヤの空気圧を
 調整することができる
 一番身近な場所は、
 ガソリンスタンド
 です。


 調整方法ですが、まずは、
 タイヤの空気を補充する装置を
 見つけましょう(分からない場合は、
 スタンドの店員に聞けばOKです)。


 次に、運転席のドアの開口部に
 あるシールで、自分の車に適した
 空気圧を確認します。


 そして、タイヤのエアバルブの
 キャップを外して、空気を入れる
 装置で空気圧を調整します。


 後ほど、動画等で分かりやすく
 解説しますので、ここでは、
 流れを掴んで頂ければOKです。

③タイヤの空気圧は、
 どのくらいの頻度で
 調整するの?
一般的には、
 1ヵ月に1回
 くらいの頻度で調整するのが
 オススメです。


 タイヤの空気圧は、
 1ヵ月で5%減ってしまい、
 事実、乗用車の
 3台に1台のタイヤの
 空気圧が不足しているのです。

★本記事の内容
下記項目を解説します!
・燃費や操縦性が悪くなる原因

・タイヤの空気圧の調整方法

・タイヤの空気圧の調整頻度

・タイヤの空気がすぐに
 減ってしまう時の対処方法

★自己紹介
この記事は、
車の開発をしている企業で働いている、
車について詳しい
私が書いております。

車について詳しくない方
でも理解しやすいように、
図や表を使って、
出来る限り分かりやすく解説します!

仕事では、
エンジン単体の性能評価や車を
テストコース走行などをしてますので、
ディープな内容なども
お伝えできると思います(`・ω・´)b


車の燃費や操縦性が悪くなったら⇒タイヤの空気圧の調整してみよう!

燃費や操縦性が悪くなる原因

よくある原因はタイヤの空気圧の低下

タイヤの空気圧が低いと、
図1のように、
タイヤが変形しやすくなって、
地面と接する部分が、
車の重さで潰れてしまうため、
燃費や操縦性が悪化するのです。




図1.タイヤの空気圧が低い時のイメージ




■タイヤの空気圧が適切じゃない時の影響

タイヤの空気圧は、
高過ぎでも、低過ぎでも、

ダメで、下記のような影響が出ます。


そのため、しっかりと、
適切な空気圧に合わせる必要があるのです!



★空気圧が高過ぎるとき

1.偏摩耗の発生
 (タイヤの中央だけ摩耗する)

2.タイヤの寿命が短くなる


3.乗り心地の悪化

 (ピョンピョンと跳ねるようになる)

★空気圧が低過ぎるとき

1.燃費の悪化

2.操縦性の低下


3.パンクやバーストが
 起きやすくなる



タイヤの空気圧の調整方法

補充場所は「ガソリンスタンド」がオススメ!

ガソリンスタンドには、
下記3種類のいずれかの空気入れが
置かれています。




・球形の持ち運びタイプ
・デジタルタイプ
・アナログタイプ



店員さんに声を掛ければ、
誰でも好きに使用することができます。



■タイヤの空気圧を調整する手順

手順①
自分の車の、
適切な空気圧を確認します。


国産車なら、
「運転席のドア付近に貼られているシール(図2)」

外車なら、
「給油口に貼られているシール」

に記載されています。




図2.タイヤの空気圧の表示場所(国産車)




ただし、単位には注意しましょう。
圧力の単位は、
主に下記の2つが利用されています。
「kPa」
「kgf/cm^2」



最終的には、

空気入れの表示で
空気圧を調整するため、
車の空気圧の単位を、
空気入れの単位に合わせればOKです。



例えば、空気入れの単位が、
[kgf/cm^2]で、
車のシールに、
200[kPa]と書いてあったなら、
200[kPa]≒2.0[kgf/cm^2]※
ですので、空気入れの表示が、

2.0[kgf/cm^2]に
なるように調整しましょう。

※[kPa]は、[kgf/cm^2]の
 約100倍と覚えておけばOKです



さらに、注意点がありまして、
タイヤのサイズを、
純正から変更している場合は、
適切な空気圧が変わっている
可能性がある
ため、
下記のサイトで、
適切な空気圧を計算

しましょう。
⇒「ブリヂストン公式HP



ちなみに、
計算するために、必要な数値は、
図3のように、
タイヤから調べることができます。



図3.空気圧を計算するために必要な情報




手順②
タイヤのエアバルブ(図4)の
キャップを外します。


図4.タイヤのエアバルブのキャップ




手順③
空気入れの先端を、
エアバルブに差し込み、
空気圧を調整します。



ただし、空気入れ毎に、
使い方が異なるため、
下記の動画を参考に、
それぞれに合った使い方で、
空気を調整しましょう。



球形の持ち運びタイプの空気入れの使い方

【超初心者】タイヤの空気圧調整と空気の入れ方・・・球形の持ち運び空気入れ(ガソリンスタンド貸出用)
動画1:球型の持ち運びタイプの空気入れの使い方




デジタルタイプの空気入れの使い方

ガソリンスタンドでのタイヤの空気入れの使い方 by タワー型デジタルタイプ
動画2:デジタルタイプの空気入れの使い方





アナログタイプの空気入れの使い方

ガソリンスタンドでのタイヤの空気入れ@タワー型アナログメーター
動画3:アナログタイプの空気入れの使い方





タイヤの空気圧の確認&調整の頻度

最低「1ヵ月に1度」は確認しましょう

タイヤの空気圧は、
自然に減っていきます。


乗用車用タイヤでは、
1ヶ月で約5%も空気圧が
低下し、実際に、
3台に1台のクルマの空気圧が、
不足していると言われています。
(JATMAより)


そのため、安全のためにも、
最低でも1ヶ月に1度は、
空気圧を確認する必要があるのです。


タイヤの空気圧を自分で確認する方法

ちなみに、タイヤの空気圧は、
専用の道具があれば、
自宅で簡単に確認することができます。


わざわざ、

ガソリンスタンドに行ったのに、
空気圧が下がっていなかったら
悲しいですよね😢


そのため、これを機に、

自分で空気圧を確認できるように
なっちゃいましょう!



準備するもの①:エアゲージ

タイヤの空気圧を確認するには、
エアゲージという専用の機器が必要です。


ちなみに、エアゲージは、
Amazon等で売っている、
1000円以下
の簡易的な物で、
十分ですよ!


また、壊れることもほとんどないため、
長い目で考えれば、コスパも◎です!


下記に、
Amazonへリンクを準備しましたので、
まずは、一度、
どんなものがあるのかを
見てみて下さい(*’ω’*)

⇒Amazonで
エアゲージ(Amazon)
を探す





手順①
自分の車の、
適切な空気圧を確認します。
(ガソリンスタンドでの
方法と同じでOKです)




手順②
タイヤのエアバルブの
キャップを外します。

(こちらも、
ガソリンスタンドでの
方法と同じでOKです)



手順③
エアゲージのメモリを、
0にリセットしてから、
エアバルブに差し込み、
空気圧を確認します。



確認後は、
必ずキャップを締めましょう!



空気圧チェック(アストロプロダクツ タイヤゲージメタルタイプ)
動画4:エアゲージの使い方




タイヤの空気がすぐに減ってしまう時の対処方法

タイヤの空気がすぐに減ってしまう原因

タイヤの空気圧が、
すぐに減る原因としては、
下記が考えられます。



・タイヤに細かい穴が空いている
・タイヤの劣化

 (外側、内側の傷やヒビ)
・ホイールの変形


対処方法

上記で説明した原因は、
タイヤやホイールの
経年劣化によるものであるため、
空気がすぐに抜けるのを直すには、
タイヤ・ホイール
を新品に交換
する必要があります。



個人的にオススメなのは、
オートウェイ」で、
タイヤ・ホイール
を安く購入
するという方法です。



オススメする理由は、
・価格が安い
・品質が良い

・品揃えが豊富
ためです。




オートウェイは、1969年に創業した、
国内を代表する、
タイヤ販売の大手ネットショップです。


魅力的な点は、

・価格が圧倒的に安い
・品質が確保されたタイヤだけを販売
・タイヤの取り扱いが豊富
・基本的に送料無料かつ翌日配送
・タイヤをタイヤ交換店などに直接送れる

で、自信を持ってみなさんに
オススメできるショップとなっています!



ちなみに、私が購入したのは、
下記の「NANKANG NS-2」という
アジアンタイヤ(台湾製)です。




正直、国産以外は、品質的に不安がある…
と感じる方もいらっしゃると思います。
私も実際そうでしたし…


ただ、実際に使用してみると、
国産のタイヤと同じくらいの品質なのに、
価格は、半分以下という、
半端じゃないコスパの良さでした💦
正直、もう国産のタイヤを使おうとは、
思えなくなりました笑


新しいことを試す時は、不安もあるとは思いますが、
みなさんのお金の節約に繋がると思いますので、
ぜひ、みなさんもオートウェイを利用してみて下さい!(*’ω’*)


■おわりに

みなさん、いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方は、
車のタイヤの
空気圧を
自分で調整
できるようになったと思います😊


分かりにくい点や質問等がありましたら、
コメント欄やお問い合わせに記載下さい。
確認次第、追記や回答をさせていただきます(o^―^o)


これからも、みなさんのカーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、本当にありがとうございました!
では、また別の記事でお会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました