車の運転による「腰痛」を解消したい⇒まずは「運転姿勢」を整えよう

運転
この記事は約6分で読めます。



この記事は、「2021/1/9」に更新されました。

RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、

車の腰痛
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

仕事柄、
車の運転をする機会が多いから、
腰痛に悩んでいて…


シップを貼ったりして、
なんとか誤魔化しつつ、
運転してはいるけど、
正直、限界に近くて、
なんとかしたいんだ…


★具体的な悩み⇩
①車の運転をしていると

 なぜ腰が痛くなる?

②どうすれば腰痛が治る?



★疑問・悩みへの回答
  • ①車の運転をしていると
      なぜ腰が痛くなる?
     ⇒よくある原因は、

      「運転姿勢が悪いため」です。


  • どうすれば腰痛が治る?
     ⇒下記がオススメです。

      1.正しい姿勢で運転する
      2.こまめなストレッチと水分補給

      3.整体に通う(お金と時間が必要)

★この記事を読むと分かること
  • 車を運転で腰痛になる原因
  • 腰痛を解消する方法



★自己紹介
この記事は、
車の開発をしている企業で働いていて、
累計134000km運転している、

車について詳しい私が書いております。


車について詳しくない方
でも理解しやすいように、
図や表を使って、
出来る限り分かりやすく
解説していきます



車の運転による「腰痛」を解消したい⇒まずは「運転姿勢」を整えよう

車を運転すると腰痛になる原因

本題に入る前に、
下記を覚えると
みなさんの腰痛を
改善しやすくなる

と思いますので、
ぜひ覚えて、
意識しながら続きを
読んでみてください。


★問題を解決するには

どんな問題にも、
必ず原因があり
問題を解決するには、
原因を理解して、
正しい対策をする
ことが大切です。



『いきなり堅苦しくてごめんなさい…( ;∀;)』
それでは、本題に入っていきますね。




今回の腰痛の原因は、下記になります。

車の運転で腰痛になる原因
主に、「運転姿勢の悪さ」で
1.特定の箇所に負担が掛かる
2.
血流が悪くなる

が起こるため


分かりやすい身近な例だと、
上または下を向いていた時に起こる
首や肩の痛みや、
長時間の正座した時の足の痛み
などがありますね。


じゃあ、どうすれば、
 腰痛を解決できるか?
⇒とてもシンプルですが、
 「運転姿勢を改善
 すればOKです。


上記の正座の例なら、
ほとんどの人は、
「足を崩す」
というように、
足の痛みにとって良い
姿勢を変えると思います。
車の運転もこれと同じです。

車の腰痛を解消する方法

車の腰痛を解消する方法は、
下記になります。

車の腰痛を解消する方法
1.「運転姿勢」を整える
2.こまめな休憩&ストレッチと水分補給

3.「整体」に通う

 (多少のお金と時間が必要)



ここで、
あれ?運転姿勢以外もあるけど?
と思われた方もいらっしゃると思います。


理由は、人によっては、
運転姿勢を整えただけでは、
完全に腰痛が治らないことがあるため

そんな方のために、
2と3も書かせて頂いております。



方法①:「運転姿勢」を整える

運転姿勢(以下ドライビングポジション)は、
下記の手順と動画1を参考に、
最終的に図1のようになるように
合わせましょう。

手順①:おしりが、シートに密着するように座る

手順②:右足で、アクセルとブレーキを一番奥まで踏んでも、
    膝が曲がる位置にシートを前後させる


手順③:背中をシートに密着するように座る


手順④:ハンドルの上の方を持っても、
    肘が曲がる位置にシートの

    リクライニングを前後させる



「86 MTの運転を全て見せます (高速道路でのシフト操作編)」~栗田佳織とドライビングサイボーグ滝本のリアルドライブ~
動画1:ドライビングポジションの合わせ方



ちなみに、
図1の
ドライビングポジションは、
身体にかかる力が
分散されるため、
腰痛が起きにくくなります。



図1.正しいドライビングポジション



また、図2~4が、
よくあるNGなドライビングポジション
なので、注意しましょう。

図2.NGなドライビングポジション例①



図3.NGなドライビングポジション例②



図4.NGなドライビングポジション例③



方法②:こまめなストレッチと水分補給

方法①を試しても
まだ腰痛が残っている方は、
こまめなストレッチと水分補給
がおすすめです。


ストレッチは、
腰痛に効果的なイメージが
あると思いますが、
実は、水分補給も腰痛に効果的なんです。
(水分が不足すると、
血液がドロドロになり血流が悪くなります
)




具体的には、
下記のようにやってみましょう。

・ストレッチ
 ⇒「こちら」を参考


・水分補給
 ⇒1日に必要な800~1300ml※に、
  足りていない分だけを飲む

情報元


方法③:「整体」に通う(多少のお金と時間が必要)

方法①と②を試しても
まだ腰痛が残っている方は、
整体に通う
のを検討しましょう。



理由は、腰痛(身体の痛み)は、
たくさんの原因が重なっている
可能性があり、
整体などのプロじゃないと、
正確な原因特定が難しい
ためです。


とは言えども、
整体に通ったことが無い方は、
どこに行けばよいのか分からない
と思います。


そんな方には、
カラダファクトリー
がおすすめです。


カラダファクトリーは、
国内外あわせて全国に、
340店舗を展開する
日本最大規模の整体院
で、
1500万人の施術実績
があります。


また、500時間以上の研修を重ね、
一般社団法人 
国際ホリスティックセラピー協会
(IHTA)の認定資格を取得した
整体師(又はセラピスト)
が在籍していて、
安心感があるため、
おすすめなのです!

全身整体・骨盤調整コース紹介
動画2:カラダファクトリーの定番人気コース紹介



ただし、
整体にもデメリットがあり
それは、
ある程度の
「お金」と「時間」が掛かることです。


私自身も、
仕事のデスクワークで、
首と肩を痛めてしまい、
一時期、整体に通っていました。


その時には、
お金⇒12万円
時間⇒2ヵ月

が掛かりました。


実際に体験して分かりましたが、
身体の痛みは
ある程度の時間を掛けないと、
治りません

(一時的に治すことは出来ますが、
しばらくすると、また痛くなります)


あと、整体は、
健康保険が使えないことが多いため、
どうしても高額になってしまいます。
ただ、その分、治療の幅が広くなるため、
治る可能性も高くなります。


ここまで読んで頂いた方の多くは、
正直、整体に行くのをためらっている
と思います💦


ですが、私個人としては、
整体に通って良かった
と思っています。


私も、初めは、
必要なお金と時間を聞いて、
そんなに掛かるなら、我慢しよう…
と思っていましたが、
どうしても、
痛みが気になって仕事に
集中出来なかったため、
思い切って治すことに決めました。


今では、首と肩の痛みが無くなって、
仕事に集中出来きるようになり、

とても快適で満足しています(*’▽’)。



難しい判断だとは思いますが、
健康」は生活する上で、
最重要なことだと思うため、
お金と時間を掛けてもいい
と思っています。


なんにせよ、
みなさんの意見が第一ですので、
よーく考えてみて下さい!(*‘ω‘ *)


カラダファクトリー公式HPは、
こちら


■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車の腰痛
という悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、

私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました