車の中に居ても日焼けする?⇒する可能性があるため対策しましょう!

運転
この記事は約6分で読めます。



この記事は、「2021/1/10」に更新されました。

RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、

車の日焼け
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

最近、
子供の送り迎えや
近所の買い物のために、
車を購入したの!


車の運転にも慣れてきて、
とても快適なんだけど、
ひとつ気になっている
ことがあって。


それは、「日焼け」…
一応、車の中に居るし、
ガラスもあるから、
日焼けはしにくいのかも
しれないけど、
本当に大丈夫なのか
分からなくて…


★具体的な悩み⇩
①車中に居ても日焼けするの?



②日焼けはどうすれば防止出来るの?



★疑問・悩みへの回答
  • ①車中に居ても日焼けするの?
     ⇒残念ながら、

      車内でも日焼けします…
      車にも寄りますが、
      特に日焼けしやすいのは、
      運転席と助手席です。


  • 日焼けはどうすれば
      防止出来るの?
     ⇒日焼けを防止するには、

      UV(紫外線)を
      500µW/cm^2
      未満にカット
      すればOKです。


★この記事を読むと分かること
  • 車中に居る時の日焼けの危険性
  • 車中に居る時の日焼けを防止する方法



★自己紹介
この記事は、
車の開発をしている企業で働いていて、
累計134000km運転している、

車について詳しい私が書いております。


車について詳しくない方
でも理解しやすいように、
図や表を使って、
出来る限り分かりやすく
解説していきます



車の中に居ても日焼けする?⇒する可能性があるため対策しましょう!

車中に居る時の日焼けの危険性

本題に入る前に、
下記を覚えると
みなさんの日焼けを
改善しやすくなる

と思いますので、
ぜひ覚えて、
意識しながら続きを
読んでみてください。


★問題を解決するには

どんな問題にも、
必ず原因があり
問題を解決するには、
原因を理解して、
正しい対策をする
ことが大切です。



『いきなり堅苦しくてごめんなさい…( ;∀;)』
それでは、本題に入っていきますね。

日焼けが起こる原因

今回の日焼けの原因は、
下記になります。

日焼けが起こる原因
500[µW/cm^2]※
 以上のUV(紫外線)
 を浴びているためです
 情報元



つまり、
日焼けを防止するには、
車の中に入ってくる
UVを500[µW/cm^2]
未満にする
必要があるということですね( ;∀;)


ただ、車内の中でも、
紫外線が強い場所と
弱い場所があるため、
強い場所だけを対策すればOKです。


車中で日焼けしやすい場所

車中で日焼けしやすい場所
・運転席と助手席の窓側
・後部座席のリアガラス下

です。

表1.車中で日焼けしやすい場所

情報元



日焼けを防止するには、
・運転席と助手席の両窓
・リアガラス
に入ってくる紫外線を
減らせばOKですね。


ただ、車によっては、
UVカットガラス
が採用されており、
すでに日焼けを
防止できている
可能性がありますので、
事前に確認(ディーラー等)
しましょう!


具体的な方法は、
この後、説明しますね(*‘ω‘ *)


車中に居る時の日焼けを防止する方法

日焼けを防止する方法は、
下記になります。

日焼けを防止する方法
1.ガラスにUVカットフィルムを貼る
2.ガラスにUVカット剤を塗る



順に解説していきますね!


方法①:ガラスにUVカットフィルムを貼る

1つ目の方法は、
下の画像のような、
UVカットフィルム
を貼る
です。



UVカットフィルムを貼ると、
UVをほぼカット(多くは99%)

することができるため、
日焼けを防止することが
出来るようになります。


★UVカットフィルムを貼る手順

手順1.下記の3つを購入
・UVカットフィルム※
・フィルムを貼るためのヘラ
・フィルムを貼るための溶剤

 (水+中性洗剤でも可)


※UVカットフィルムは、
 下記に適したものを購入しましょう。

 ・透過率70%以上透明なフィルム
  (透過率70%以下だと、車検に通りません)
 ・UVカット効果があるもの

  (UVカット99%等の表記があればOKです)




手順2.UVカットフィルムを貼る
動画1で、初めてフィルムを貼る方に向けて、
貼り方を分かりやすく説明してくれていますので、
貼る前にしっかりとイメージを
掴んでから挑戦してみましょう!



(フリーサイズのフィルムの場合は、
事前に、貼り付けするガラスの大きさに
合わせてカットしておきましょう)

【DIY】素人でもスモークフィルムを貼ることは出来るのか?
動画1:UVカットフィルムの貼り方



日焼けを防止するのに
便利なUVカットフィルムですが、
デメリットもあり、
それは、
貼り付けが難しい
ことです(;’∀’)


特に、初めての貼り付けする場合は、
貼り付けに失敗して、
を買い直すということもあるため、
自信がない方は、
この後紹介する
ガラスにUVカット剤を塗る
オススメです!



方法②:ガラスにUVカット剤を塗る

2つ目の方法は、
ガラスにUVカット剤を塗る
です。



こちらは、
先ほどのUVカットフィルムと違い、
ガラスに塗るだけですので、
初心者の方でも簡単です(*‘ω‘ *)



ただ、残念ながら、
UVカット剤にも、
下記のようなデメリットがあります。

UVカットフィルムよりも
 効果が小さい可能性がある

 (UVカット率の具体的な表記がないことが多い)

・コーティングが落ちる度に

 塗り直さないといけない


簡単になる分、どうしても、
効果が小さかったり、
頻度が増えてしまいます。


そのため、
貼るのが難しいが、
しっかりと日焼けを防止して、
手間暇もあまりかけたくない方は、
⇒UVカットフィルム


日焼け防止はそこそこで、
多少の手間暇が許容できる方、
⇒UVカット剤

のようにして頂くのが良い
と思います。

■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車の中での日焼け
という悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、

私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました