車の塗装の劣化を防止したい→洗車・コーティング・カバーが効果的!

修理・維持
この記事は約12分で読めます。



この記事は、「2021/2/28」に更新されました。

RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、

車の塗装の劣化
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

最近、車の塗装が劣化
してきている気がするんだ。


なんか新車の時に比べて、
色あせてきたという感じ(;´・ω・)


これからも、まだまだ乗りたいから、
塗装を劣化させたくないんだけど、
具体的にどうすれば
よいのか分からなくて



RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

わかりますよ、その気持ち!!


愛車の塗装が劣化
してきたら萎えますよね(+_+)


知らず知らずのうちに、

塗装が劣化して、
気付いたらもうお手遅れということ
もしばしばあるため、注意が必要です💦


そんな「車の塗装の劣化」ですが、

余程の酷い状態でなければ、
塗装を修復して、
きれいな状態を保てることが多いんです!


ということで、今回は、
車の塗装の劣化
についての記事を書いてみました。


この記事を読んで頂ければ、
車の塗装の劣化を防止する方法と

 劣化させてしまった時の対処方法
についてマスターできますので、
ぜひ最後まで読んでみて下さい(*´ω`*)


★この記事を読むと分かること
  • 車の塗装を劣化させない方法
  • 車の塗装が劣化してしまう原因
  • 車の塗装が劣化してしまった時の対処方法



★自己紹介
この記事は、
車の開発をしている企業で働いていて、
累計134000km(地球3周)運転している、

車について詳しい私が書いております。


車について詳しくない方
でも理解しやすいように、
図や表を使って、
出来る限り分かりやすく
解説していきます
ね!



車の塗装の劣化を防止したい→洗車・コーティング・カバーが効果的!

車の塗装を劣化させない方法

車の塗装を劣化させない方法

下記3つを行えばOKです!

①こまめに洗車する
 (月1回がオススメ)

②洗車後にガラスコーティングをする
 (2~3ヶ月に1回)

③駐車したらカバーを掛ける



 ひとつずつ、解説してきますね(*´ω`*)

①こまめに洗車する

 洗車をすると、
 塗装が劣化しにくくなる理由は、
 車の塗装に付着した有害物質である、
 花粉、黄砂、水垢などを
 取り除くことができるからです!
 (上記が塗装に与える影響は後ほど解説します)


 洗車に必要な物や方法については、
 下記の記事で詳しく解説しています(*’▽’)


 記事内では、「オートグリム」という
 コーティング剤まで使用していますが、
 洗車だけなら、ふき取りまででOKです!



洗車後にガラスコーティングをする

 ガラスコーティングをすると
 塗装が劣化しにくくなる理由は、
 車の塗装にとって有害な物質である、
 花粉、黄砂、水垢などが

 付着しにくくなるからです!
 (ガラスコーティングが有効な理由は、後ほど解説します)



 そんなガラスコーティングですが、
 施工する方法として、


 ①市販のコーティング剤を自分で塗る

 ②プロにコーティングを依頼する


 の2つがありますが、
 個人的には、
 リーズナブルで効果も十分に期待できる
 ①がオススメですね。



 また、市販のガラスコーティング剤は、
 「↓ワコーズ バリアスコート↓」
 がオススメです。





 オススメな理由は、

 ・使いやすい
  (洗車後の車にスプレーして拭くだけ)

 ・コスパが良い
  (1ヵ月はコーティングが持ちます)

 ・品質がよい

  (Amazonと楽天の評価が、5点満点中4.5点!
  また、下記のようにツヤツヤになります)


  です。




 また、下記に、使い方を分かりやすく
 説明してくれている動画(3:34~4:40だけでOK)
 を載せておきましたので、参考にしてみて下さい。

 (先ほど説明した方法で洗車した後に使えばOKです)

バリアスコート新旧とバリアスコートリキッドを比較してみたーーーーー!!!
動画:ワコーズ バリアスコートの使い方(3:34~4:40だけでOK)



駐車したらカバーを掛ける

 カバーを掛けると
 塗装が劣化しにくくなる理由は、
 車の塗装にとって有害な物質である、
 花粉、黄砂、水垢などが
 付着しにくくなるからです!

 (車をカバーで覆って、
 車を車外と完全に断絶できるため、
 コーティングよりも強力です)


 ちなみに、カバーは、
 👇のようなものになります。

 



 そんなカーカバーですが、
 ひとつだけ難点があって、
 それはカバーの取り外しが面倒
 だということです(>_<)


 なので個人的には、
 カーカバーの中でも取り扱いが楽な
 👇のような「ハーフカバー」がオススメですね。
 完全に覆うことはできませんが、
 カバーを掛けない状態に比べると、
 かなりの効果がありますよ!





 みなさん、
 車の塗装を劣化させない方法
 を理解できましたでしょうか?


 中には、
 『うーん。
  何となく効果はありそうなんだけど、
  イマイチ良く分からないなぁ( ;∀;)
 と感じた方もいらっしゃると思います。


 そんな方に向けて、
 次は、
 車の塗装が劣化してしまう原因
 を解説します(‘ω’)


 塗装が劣化する原因が分かれば、
 自然と紹介した方法が効果的で
 ある理由も分かってきますよ!(`・ω・´)b 


車の塗装が劣化してしまう原因

車の塗装が劣化してしまう原因

車の塗装が劣化してしまう
原因は下記の2つです。

①塗装に有害な汚れの長時間付着

②紫外線




①塗装に有害な汚れの長時間付着

 塗装が劣化する原因を理解するには、
 まず、ボディの塗装面について
 理解するのが大切です。
 

 車の塗装は、
 下図のように複数の層によってできていて、
 ピカピカな色を保っています。


図.ボディの塗装面イメージ



 しかし、時間が経つにつれて、
 下図のように、キズや汚れが蓄積して、
 クリア塗装が劣化してきます。
 色褪せた状態の車は、まさに、
 下図のようになっています。

図.塗装が劣化してきた状態のイメージ



 そして、塗装が劣化する原因のひとつが、
 「塗装に有害な汚れの長時間付着」です。


 具体的には、
 ・花粉
 ・鳥のフン
 ・虫の死骸
 ・黄砂
 ・水道水と雨水

 が有害な物質となります。



図.塗装がダメージを受けるイメージ




 上記に含まれる
 「タンパク質」、「酸性物質」、「ミネラル」
 等が塗装を溶かしたり、変形させたりします。


 そのため、こまめに洗車をして、
 上記の汚れを落とすことが効果的なんです。
 

 また、ガラスコーティングを行うと、
 下図のように、
 汚れから塗装を守ることができるため、
 劣化をさせにくくすることができるのです!



図.ガラスコーティングの効果イメージ




 ただ、ガラスコーティングを
 していても
注意して頂きたいのが、
 「鳥のフン」・「虫の死骸」・「水道水・雨水」
 の3つです。


 これら3つは、塗装へ付着しやすく、
 放置すると取れにくくなる
ため、
 下記を参考に、できるだけ早く取り除きましょう💦


 ★虫の死骸と鳥のフンを取る方法



 ★車のボディに付いた水垢
  (水道水・雨水)を取る方法



②紫外線

 次は、紫外線です。
 紫外線が物質に当たると、
 物質の分子が熱を受けとって振動します。
 

 もちろん、
 塗装の中の分子も同く振動するため、
 紫外線が長時間当たると、
 分子結合が破壊(粉化現象:チョーキング)
 されていきます(下図)。

図.塗装の分子結合が紫外線によって破壊されるイメージ




 初めの内は目にも見えない程度の劣化ですが、
 クリア塗装がある程度劣化すると、
 色があせてくるため、そこで気づくことが多いです。


 そして、さらに厄介なことに、
 紫外線はガラスコーティングを透過します。
 つまり、ガラスコーティングをしていても、
 紫外線による劣化を、
 ほぼ防ぐことが出来ないということです…

図.紫外線がガラスコーティングを透過するイメージ




 そのため、先ほど紹介した、
 カーカバーが重要となってきます。


 カーカバーで車を覆っておけば、
 紫外線をカットできるため、
 紫外線による劣化を防ぐことができます!


 車をながーく乗りたいと思っている方は、
 多少の手間はかかりますが、
 カーカバーを使うことをオススメします(; ・`д・´)




 みなさん、
 車の塗装が劣化してしまう原因
 について理解できましたでしょうか?


 中には、
 『うーん。洗車やカーカバーである程度は、
 劣化を防ぐことができるのは分かったけど、
 やっぱり劣化はしちゃうのかぁ…
 それに、ずっと洗車とかを継続する
 自信もないし、油断して劣化させちゃいそう…
 と思われた方もいらっしゃると思います。


 そんな方に向けて、
 次は、
 車の塗装が劣化してしまった時の対処方法
 を解説します(‘ω’)


 塗装が劣化しても、
 劣化が少ない内に対処すれば、
 修復することができます
ので、
 ぜひ読んでみて下さい!


車の塗装が劣化してしまった時の対処方法

車の塗装が劣化してしまった時の対処方法

下記を使えばOKです。
(すべての劣化が直るわけではありません)

AUTOGLYM(オートグリム)
 スーパー・レジン・ポリッシュ

 👇👇👇



 『ほんまに、効果あるの?(; ・`д・´)
 という方もいらっしゃると思いますので、
 実際にオートグリムを使われた後の写真を載せました!




 ツヤが半端なくないですか??
 また、撥水効果も抜群ですよ!



 ちなみに、オートグリムでシミが落ちる理由は、
 コンパウンド(研磨剤)が入っていて、

 下図のように劣化したクリア塗装を
 削ることができるからです!

図.コンパウンドで塗装の劣化を削って修復するイメージ




 ここで中には、
 『塗装を削り過ぎそうで怖い…

 と思われたからもいらっしゃると
 思いますが心配ご無用です!


 というのは、オートグリムのコンパウンドは、

 塗装を削り過ぎないようになっているためです!
 (↓情報元)

「削るという意味で言うならばコンパウンド、
研磨剤と呼ばれるものは含まれているが、
一般的に研磨に使用するようなものとは別物」
との事でした。
何が違うかというと掌圧5kgで研磨する
成分が砕けるという事。あまりゴリゴリやってしまうと、
研磨するための成分が砕け、
削る能力が失われるという事なんですね。
あくまで表面上の汚れを落としつつ、
塗装を削りすぎないような優しい成分に
なっているという事のようです。

引用元:「鑑人



 ここも、みなさんにオートグリムを
 オススメする理由のひとつです。
 通常のコンパウンドだと、
 塗装の劣化は修復できるかもしれませんが、
 塗装を余分に削り過ぎてしまい
 本末転倒になることも
 しばしばありますので( ̄▽ ̄;)



 オートグリムの使い方は、
 下記の記事にて詳しく解説していますので、
 塗装の劣化を修復するために、
 合わせて読んじゃいましょう!(*´ω`*)



 ただ、オートグリムも万全ではなく、
 下図のように、塗装がかなり色あせている場合は、
 修復できません。

図.コンパウンドで修復できない車のイメージ



 基本的に上記のようになってしまった場合は、
 再塗装が必要になってきます。


 ここで厄介なのが、
 塗装は劣化した部分だけでなく、
 基本的に全体を塗装(全塗装)する必要がある
 ということです。


 理由は、再塗装した部分とそうでない部分で、
 色の違いが大きくなるからです。


 そして、気になるお値段ですが、
 約20~30万円くらいはかかります💦


 もちろん、車種や塗装によっては、
 さらに高額になることも十分にありえます(-_-;)


 さらに、全塗装した車は、
 売った時の金額が下がる傾向にあるため、
 乗り換えを考えている方にとって不利になります…


 仮に全塗装の見積もりで20万円の
 ような高額な費用が掛かるとなったら、
 車の買い替えを検討した方がお得
 になる可能性もあります。


 もし、あなたの車の塗装が劣化していて、
 多額の塗装費用が掛かるのであれば、
 多額の廃車費用がかかってしまう
 業者に依頼するのではなく、
 廃車買取が得意な
 カーネクストで査定するのがおすすめです


 廃車処分にかかるレッカー費用は無料です!
 全塗装のために高い費用を払うのであれば、
 どんな車でも買取してくれるカーネクストで
 査定をしてみるのをおすすめします。

事故車、故障車も全て高価買取!カーネクスト


■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車の塗装の劣化
に関する悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良くするため
に、
私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました