車のヘッドライト内側の曇りは100均の商品を使って自分で取ろう!

洗車
この記事は約7分で読めます。



この記事は、「2021/4/18」に更新されました。

RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

こんにちは!
合言葉は「Let’s share fun&Useful‼」こと、
RiNneko(リンネコ)です!


本記事は、

車のヘッドライト内側の曇り
について下記のような悩みを
お持ちの方へ向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

車を買ってから10年くらい経つんだけど、
ヘッドライトの曇りが
ひどくて困っている
んだ💦


運転には支障はないんだけど、
車が古臭くてダサく見えるから
なんとかピカピカにしたい


ただ、厄介なことに、
ヘッドライトの内側が
曇ってそうなんだ💦


ディーラーカー用品店
とかに頼んだら高そうだし、
出来れば身近に
手に入る物を使って
安く済ませたい
と思っているんだけど
何か良い方法ないかな?(´ε`;)ウーン…



RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

ヘッドライトが曇ったり、
黄ばんだりしていると、
車が古臭くてダサく見える
から早く何とかしたいですよね(;´Д`)


でも、お店で綺麗にしてもらうと、
お金が掛かるため

(Goopitで検索したとあるお店だと21600円💦)

身近に手に入る安い物を使って
 自分で曇りを取りたい!
 けど、ヘッドライト内側の曇り取りなんて
 やったことないし、車の知識も乏しいから、
 半ば諦めてる…


と悩まれている方もいらっしゃると思います。


結論から言いますと、
車のヘッドライト内側の曇りは
100均の商品を使って
自分で取れることが多いんです



もちろん、
絶対に曇りが取れるとは言い切れませんが、
費用も安く(500円程度)、
専門的な知識も不要なので、
試す価値はあると思っています!


そこで、今回は、
100均の商品を使って
 車のヘッドライト内側の
 曇りを取る方法
を記事にまとめてみました!



みなさんのヘッドライト内側の曇り取りに
役立つ情報が満載ですので、
ぜひ最後まで読んでみて下さい(*´ω`*)!


★この記事を読むと分かること
  • ヘッドライト内側の曇りを取る方法と効果
  • 100均で購入する商品と金額
  • ヘッドライトの曇りを取る手順
  • ヘッドライト内側を曇りにくくする方法
  • 曇りが取れなかった時の対処方法



★自己紹介
この記事は、
車の開発をしている企業で働いていて、
累計134000km(地球3周)運転している、

車について詳しい私が書いております。


車について詳しくない方
でも理解しやすいように、
図や表を使って、
出来る限り分かりやすく
解説していきます
ね!


車のヘッドライト内側の曇りは100均の商品を使って自分で取ろう!


ヘッドライト内側の曇りを取る方法と効果

ヘッドライト内側の曇りを
 取る方法と効果


具体的な方法は後ほど紹介しますが、
100均で売っている眼鏡拭きクリーナーで
ヘッドライト内側を磨けば曇りが取れます!


もちろん効果抜群です!
どのくらいきれいになるのか知りたい方は、
下記の動画を見てみて下さい!





ヘッドライト内側を
眼鏡拭きクリーナーで磨くだけなので、
初心者の方でも簡単にできますよ!



※注意
ただし、全ての曇りが取れるわけではなく、
ヘッドライトの素材や曇りの原因によっては
曇りが取れなかったり、傷が付いたりする
可能性がありますので、
心配な方は、お店にて実施してください。


また、車種によってはヘッドライト内側に
アクセスできないことがあり、
その場合は今回の方法は使えませんので、
下記の動画を参考に、
自分の車がヘッドライト内側に
アクセスできるかどうかを事前に確認下さい。



 『えっ?たったそれだけで、
 そんなに綺麗になるの!?
 と驚いた方も多いと思います。


 続きまして、お次は、
 100均で購入する商品と金額
 を解説しますね(´▽`)


■100均で購入する商品と金額

100均で購入する商品と金額

自分の車がヘッドライト内側に
 アクセスできることを確認してから

 商品を購入して下さい!


下記4つを、100均で購入すればOKです。
金額は、100均なので440円です( ゚Д゚)
やっぱ、100均は偉大ですね🤤



①使い捨て眼鏡拭きクリーナー👇

※画像は全てイメージです


②磁石👇

(ヘッドライトの穴より小さいものを購入しましょう)




③クリーナーをヘッドライト

 内側に押し込めるもの👇
(下のような「ピックアップツール」でもいいですし、
 針金でも棒でも、なんでもOKです)



★参考
 クリーナーをヘッドライトの内側に押し込む方法⇩




④ビニール紐👇

(磁石をクリーナーで包む際に使います)





 『みなさん、必要な物を準備できましたか?


 次はいよいよ、
 ヘッドライトの曇りを取る手順
 を解説しますね!(´▽`)
 


ヘッドライトの曇りを取る手順

ヘッドライトの曇りを取る手順


下記がヘッドライトの曇りの手順です!
また、それぞれ参考になる動画を
載せてありますのでご活用下さい(*’▽’)


①磁石をクリーナーで包みビニール紐で縛る





②ヘッドライトのバルブ等を外す
 (ケガに注意しましょう)





③ピックアップツールなどで
 クリーナーと磁石を内側に入れたら
 外側からタオルで包んだ磁石とくっ付ける
 (タオルは、ヘッドライト外側面に傷が付くのを
 防ぐために使うため、柔らかくて薄ければ何でもOKです)






④磁石を動かしてヘッドライトの内側を磨く
 (磁石が取れないように、ゆっくり動かしましょう
 また、クリーナーが汚れてきたら、新しい物に交換しましょう)


 『めっちゃ簡単だし、安いし、これなら満足(*‘ω‘ *)
 と思われた方も多いと思います!


 ただ、中には、
 『うーん、確かに、曇りは取れるのは分かったけど、
  また直ぐに曇ってしまって、
  磨くことになりそうだからだるいなぁ(-ω-)/
 と感じた方もいらっしゃると思います。


 そんな方に向けて、次は、
 ヘッドライトを曇りにくくする方法
 を解説しますね!(´▽`)

ヘッドライト内側を曇りにくくする方法

ヘッドライト内側を曇りにくくする方法


ヘッドライト内側を曇りにくくするには、
下記の3つの方法が有効です!


①ヘッドライト内側表面に汚れを付けない
 ★具体的な方法
  ・ここまでで紹介した掃除方法




②ヘッドライト内側に湿気を溜めない

 ★具体的な方法
  ・バルブキャップをきっちり締める



  ・再コーキングをする(プロに依頼)👇



  ・通気口を掃除する(プロに依頼)👇



③ヘッドライト内側の温度を上げ過ぎない

 ★具体的な方法
  ・LEDバルブに交換する

   (ハロゲン>HID>LEDの順で温度が高いです)



上記3つが有効な理由は、
曇りが下記のように発生するからです。



★参考:ヘッドライト内側が曇るまでの流れ

1.バルブキャップの隙間などから
  ホコリや湿気が入ってくる
 (ホコリはヘッドライト内側表面に付く)

        

2.バルブによって湿気が温められ

  水分をたくさん含んだ蒸気になる

         ↓

3.蒸気がヘッドライト内側表面に

  当たって冷やされ水滴となる

        

4.ヘッドライト内側表面に付いていた
  ホコリなどに水滴が付く(曇る)



曇りが取れなかった時の対処方法

今回の方法で曇りが取れなかった方は、
ヘッドライト外側が
曇っているかもしれませんので、
100均の商品を使って磨いてみましょう


具体的には、
①ダイヤモンドクリーナー
②メラミンスポンジ

ヘッドライトを磨くだけでOKです。



もちろん、
こちらも効果抜群で、
しかもたったの210円でピッカピカになります!


もっと詳しく知りたい方は、
下記の記事に、100均の商品だけでヘッドライトの
曇りを取る方法をまとめていますので、
ぜひ読んでみて下さい!(*‘ω‘ *)



■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車のヘッドライト内側の曇り
に関する悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良くするため
に、
私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました