車のタイヤの空気の入れ方は?⇒セルフスタンドで無料&数分で完了!

修理・維持
この記事は約8分で読めます。



この記事は
2021/11/15」に更新されました。

リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

こんにちは!

車ブログを運営している
リンネコ@RiNneko_Car
です!




本記事は、

車のタイヤの
空気の入れ方
について
下記のような悩みを
お持ちの方へ

向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

車のタイヤに
空気を入れたいんだけど、


初めてだから
どうやって入れればよいのか
ぜんぜん分からない
んだ💧


というわけだから、
車のタイヤに
空気を入れる方法
を教えてほしいな。
できれば無料で入れたい!!


入れ方と合わせて、
・空気を入れる頻度
も知りたいな!




リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

いざ車のタイヤに空気を
入れようと思っても、
初めてだと
どうやって入れるのか
分からないですよね💧


でもご安心ください!
・空気の入れ方と頻度
を分かりやすく
解説します
から!


この記事を読み終わるころには、
みなさんも自分で
タイヤに空気を入れられる
ようになっていますよ!



それでは、本題に入りますね!


↓結論↓

●空気の入れ方
空気の入れ方は下記の3つです。

方法①【オススメ!】
セルフスタンドで
 空気入れを使って入れる

方法②
自宅で空気入れを使って入れる

方法③
ディーラーで店員に入れてもらう



セルフスタンドがオススメな理由
下記になります。

・待ち時間がない
・店に入らなくてOK
・店舗が多い
・店員に声を掛けられない


また、具体的な手順は下記になります!

1.空気入れの近くに車を停める

2.自分の車のタイヤに
  適した空気圧を確認

3.タイヤのエアバルブのキャップを外す


4.空気入れでタイヤに空気を入れる



急ぎの方は下記の動画を参考
にして下さい!


詳しい方法は、
後ほど解説していますので、
動画だけでは
よく分からなかった方はそちらも
ぜひ参考にして下さいね!


●空気を入れる頻度

頻度は月に1回でOKです。


また、
高速道路や長距離走行の前にも
空気を入れた方が良いですね。


↓この記事を読むと分かること↓
  • セルフスタンドでの空気の入れ方
  • 自宅とディーラーでの空気の入れ方
  • 空気を長期間入れなかった時に起こる事
  • 今回の要点・まとめ



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

★自己紹介

この記事は、
車開発企業(東1)で働いている
27歳の私が書いています!


愛車は、
「ホンダシビックEK9」で
根っからの車好きです😆


実際に、
車を開発しているということと
車が大好きという強みを活かし、
信頼性が高くて、
みなさんに役立つ車の
記事を発信しています!



Twitterはこちらから!
@RiNneko_Car


車について詳しくない方でも、
理解しやすいように、
出来る限り分かりやすく
解説していきますので
よろしくお願いします!


車のタイヤの空気の入れ方は?⇒セルフスタンドで無料&数分で完了!


セルフスタンドでの空気の入れ方

手順は下記の通りです。

1.空気入れの近くに車を停める

2.自分の車のタイヤに

  適した空気圧を確認

3.タイヤのエアバルブのキャップを外す


4.空気入れでタイヤに空気を入れる


それぞれの詳細を解説しますね!

1.空気入れの近くに車を停める

セルフスタンドに行くと、
セルフ式の空気入れが
置いてあります。


持ち運びで無いタイプだと
車を近くに停めないと
空気を入れられないため、


まずは、
空気入れの近くに
車を停める必要があります


※持ち運びタイプでも重いため
近くに停めるのがオススメです


また、
空気入れの場所が分からない時は
店員に聞けば教えて
もらえます
ので
ご安心ください!

2.自分の車のタイヤに適した空気圧を確認

空気入れの近くに車を停めたら
今度は自分の車のタイヤに
適した空気圧を確認
します。


空気圧の確認方法は簡単で、
下記のどちらかで
確認することができます。


①運転席のドア付近に
 貼られているシール↓で確認

運転席のドア付近に貼られているシール



②給油口に貼られているシール↓で確認



例えば↓の画像だと、
前輪(前のタイヤ):230kPa
後輪(後ろのタイヤ):230kPa
が適切な空気圧になります。

運転席のドア付近に貼られているシール



注意点①:空気圧の単位に注意


タイヤの空気圧には、
下記3つが使われています。
①kPa
②kgf/cm^2
③bar




ほとんどの

空気入れの単位は「kPa」
なので、


上記②と③だった場合は
単位変換が必要になります。


圧力の単位変換は、
下記のサイトで簡単に出来ますので、
単位変換が必要な方は
参考にしてください。

⇒「株式会社PISCO公式HP

注意点②:タイヤサイズに注意

タイヤのサイズを、
純正から変更している場合は、
適切な空気圧が変わっている
可能性がある
ため、



下記のサイトで

適切な空気圧を計算
しましょう。
⇒「ブリヂストン公式HP



計算に必要な数値は
下図のように
タイヤから調べることができます。



空気圧を計算するために必要な情報

3.タイヤのエアバルブのキャップを外す

適切な空気圧を確認できたら
タイヤのエアバルブ↓の
キャップを外します。



外したキャップは無くさないように
ポケットなどに入れておきましょう!

タイヤのエアバルブのキャップ

4.空気入れでタイヤに空気を入れる

空気入れには
下記の3タイプがあります。

①球形の持ち運びタイプ
②デジタルタイプ
③アナログタイプ



空気入れ毎に、
使い方が異なるため、
下記の動画を参考に、
それぞれに合った使い方で、
空気を調整しましょう。

★球形の持ち運びタイプの使い方



★デジタルタイプの使い方



★アナログタイプの使い方


悩める人
悩める人

詳しく解説してくれた
おかげで
セルフスタンドでの
空気の入れ方を
理解できたよ!


解説を見るまでは
自分で空気を入れる
自信がなかったけど、
意外と簡単だと分かったから


今度、
セルフスタンドに
行った時に自分で
空気を入れてみるよ!



悩める人
悩める人

あと、初めに書いてあった、
自宅で空気入れを使って入れる
ディーラーで店員に入れてもらう

についても

詳しく解説してほしいな!



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

お役に立てて何よりです!


お任せください!
自宅とディーラー
での空気の入れ方
を解説しますね!

自宅とディーラーでの空気の入れ方

●自宅で空気入れを使って入れる

自宅で空気入れを使って入れるには、
自転車の空気入れを使えばOKです。


ここで、
いやいや、
自転車の空気入れじゃ無理でしょ?
仮に出来たとしても、
めちゃくちゃ時間が
掛かるんじゃないの?
と思われた方もいらっしゃると思います。


結論としては、
約1分※くらいで
空気を入れることが可能です。
※成人男性が30kPa(200⇒230kPa)
入れるのにかかった時間


下記の動画で、
実際に自転車の空気入れで
車のタイヤに空気を
入れているので
一度見てみて下さい!

注意点:空気入れの選び方


下記の条件を満たす空気入れを
使用する必要があります。
①米式のキャップに対応
②空気圧[kPa]を確認できる※

※空気入れと別で準備してもOKです


上記の条件を満たしている空気入れは、
Amazonで3000円
くらいで購入できますので、
家で車のタイヤに空気を入れてみたい
という方はぜひ検討してみて下さい!


⇒Amazonで空気入れを探す


⇒Amazonで空気圧計を探す


【参考】キャップの種類について

●ディーラーで店員に入れてもらう

店員に入れてもらう方法は、
店員に空気圧を確認して
ほしいと頼むだけ
でOKです。


もちろん無料です!


あと、
下記のようにディーラー以外でも
店員に入れてもらうことはできますが、
ディーラー以外は店舗が少ないため
ディーラーがオススメです!



悩める人
悩める人

へー(‘ω’)
自転車の空気入れでも
意外と簡単に空気を
入れられるんだね。


今度試してみるよ!



悩める人
悩める人

そういえば、初めの方で
月1回は空気を入れる
って解説してくれていたけど、
もし、長い間空気を
入れなかったらどうなるの



RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

そうなんです!


長い間空気を入れなかった時に
ぜひ試してみてください!


次で
空気を入れなかった
時に起こる事
を解説しますので
ぜひ参考にして下さい!


■空気を長期間入れなかった時に起こる事

空気を長期間入れないと
タイヤの空気圧が低下して、
下記のような
デメリットが発生しますので、
最低月1回は空気圧を確認
するようにしましょう!

①燃費の悪化
②操縦性の
悪化
③パンクやバーストが起きやすくなる

●①燃費の悪化・②操縦性の悪化

タイヤの空気圧が低いと、
タイヤが変形しやすくなって、
地面と接する部分が、
車の重さで潰れてしまうため、
燃費や操縦性が悪化します。


タイヤの空気圧が低い時のイメージ

●③パンクやバーストが起こりやすくなる

下記動画のように、
空気圧が低いとタイヤに熱が
こもりやすくなって
パンクやバーストしやすくなるため
空気圧不足には注意しましょう!


RiNneko<br>(筆者)
RiNneko
(筆者)

ここまで読んで頂き、
本当にありがとうございました。


みなさんのお悩みを解決するのに
少しでもお役に立てたら
とても嬉しいです!


最後に、

今回の要点・まとめ
を簡単に振り返りして

終わりにしましょう!

■今回の要点・まとめ

車のタイヤに空気を入れる3つの方法

方法①【オススメ!】
セルフスタンドで空気入れを使って入れる

方法②
自宅で空気入れを使って入れる

方法③
ディーラーで店員に入れてもらう

セルフスタンドでの空気の入れ方

1.空気入れの近くに車を停める

2.自分の車のタイヤに
  適した空気圧を確認

3.タイヤのエアバルブのキャップを外す


4.空気入れでタイヤに空気を入れる

自宅とディーラーでの空気の入れ方

★自宅での空気を入れ方
⇒自転車の空気入れを使えばOK




★ディーラーでの空気の入れ方
⇒店員に空気圧を確認して
 ほしいと頼むだけでOK

空気を長期間入れなかった時に起こる事

①燃費の悪化
②操縦性の悪化
③パンクやバーストが起きやすくなる


■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車のタイヤの
空気の入れ方

という悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、

私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました