車のタイヤ交換に必要な工具は?⇒約1万で揃うコスパ◎な工具を紹介

修理・維持
この記事は約17分で読めます。



この記事は
2021/12/12」に更新されました。

リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

こんにちは!

車ブログを運営している
リンネコ@RiNneko_Car
です!



本記事は、

車のタイヤ交換に
必要な工具
について
下記のような悩みを
お持ちの方へ

向けて書いてみました!



悩める人
悩める人

毎年、
ノーマルタイヤと
スタッドレスタイヤ交換
お店でやってもらっていた
んだけど、


今年は、
お金の節約のために
自分でやってみたい
と思っているんだ!


そんな感じで
やる気はめっちゃあるけど、
実は工具を何も
持っていないんだ(笑)


てなわけで、
タイヤ交換に必要な工具と
コスパの良い工具を教えて!


あと、
タイヤ交換の方法も
一緒に教えてほしいな!


★知りたい情報
・タイヤ交換に必要な工具
・コスパの良い工具
・自分でタイヤを交換する方法




 リンネコ <br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

タイヤ交換に必要な工具と
言われても正直ピンと
こないですよね💧


私も車に詳しくない頃は
???という感じでした😅


今では、
毎年自分でタイヤ交換をしてます


経験も5年以上のベテランなので、
みなさんには、
良質な情報をお伝えできる
と思います!


ということで、今回は、
車のタイヤ交換の工具
について解説します



本記事を読んで頂ければ、
車のタイヤ交換の工具に
ついてマスター
できるようになるので、
ぜひ最後まで読んでみて下さい!


それでは、本題に入りますね!


↓結論↓

●タイヤ交換に必要な工具
自分でタイヤ交換をするのに
必要な工具は下記の6個です!


合計金額:約1万円
①作業用グローブ
②マイナスドライバー
③クロスレンチ
④フロアジャッキ
⑤トルクレンチ
⑥空気圧計



それぞれのコスパの
良い工具については、
後ほどご紹介いたします!


●自分でタイヤを交換する方法
自分でタイヤを交換するには、
下記の手順で作業を行えばOKです!
(同じ作業を4回繰りかえします)

1. 交換するタイヤとナットが
  使えることを確認する


2.安全で平坦な場所に車を停めて
  エンジンを停止し
  サイドブレーキを掛ける
  (輪留めがあるとより安全)


3.ジャッキアップポイントを探して
  フロアジャッキをセットする

4.クロスレンチで
  ホイールナットを
  少しだけゆるめる

5.フロアジャッキで車体を上げる

6.クロスレンチでホイールナットを
 全て外して付け替える
 タイヤを装着する

7.ホイールナットを仮締めする

8.フロアジャッキを緩めて、
  タイヤを地面に接地させる

9.トルクレンチでナットを締める


それぞれの詳細については
後ほどご紹介いたします!

安全に作業をするためにも
必ず確認してください!





★超重要
ホイールナットの適正確認について

ホイールナットの
適正確認は、
必ずプロに
相談してください。
(ディーラーやカー用品店)


もし、適切でない
ナットを使うと、


ホイールが痛んだり、
走行中に脱輪する
危険性があるため、
十分に注意してください。


★ホイールナットの種類について


↓この記事を読むと分かること↓
  • コスパの良いオススメの工具
  • 必須ではないけど持っていると便利な工具一覧
  • 自分でタイヤを交換する方法
  • 今回の要点・まとめ



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

★自己紹介

この記事は、
車開発企業(東1)で働いている
27歳の私が書いています!


愛車は、
「ホンダシビックEK9」で
根っからの車好きです😆


実際に、
車を開発しているということと
車が大好きという強みを活かし、
信頼性が高くて、
みなさんに役立つ車の
記事を発信しています!



Twitterはこちらから!
@RiNneko_Car



車について詳しくない方でも、
理解しやすいように、
出来る限り分かりやすく
解説していきますので
よろしくお願いします!


車のタイヤ交換に必要な工具は?⇒約1万で揃うコスパ◎な工具を紹介


コスパの良いオススメの工具

自分でタイヤを交換するのに
必要な工具は下記です。


①作業用グローブ
②マイナスドライバー
③クロスレンチ
④フロアジャッキ
⑤トルクレンチ
⑥空気圧計



既に持っている物は
改めて購入する
必要はないですよ!


では、コスパが良い工具を
ひとつずつ紹介しますね!

①作業用グローブ

★必要な理由
作業用グローブは、
タイヤに触れた時に
汚れやケガから

身を守るために必要です。


★コスパの良いオススメ商品
3Mのグローブ【337円】

3Mはアメリカに本社を
置く超有名な企業です!


約1万点もの多種多様な
日常生活品を扱っており、
低価格でありながら
高品質な商品が多いのが特徴です!


私もいくつか3Mの商品を
使っていますが、
どれもコスパの良い
素晴らしい商品です😆


まだ、グローブを持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!



⇒Amazonで
3Mのグローブ
を購入


②マイナスドライバー

★必要な理由
作業用グローブは、
ホイールキャップを
外すのに必要となります。



★コスパの良いオススメ商品
ヴェッセル(Vessel)の
 マイナスドライバー【340円】

ヴェッセルは多数の工具を
扱う有名な企業です!


中でもドライバーは
大変素晴らしい商品ばかりであり、
私も数本所有しています!


ドライバーで迷ったら、
とりあえずヴェッセルを買って
おけば間違いないですね😆


まだ、
マイナスドライバー
持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!




⇒Amazonで
ヴェッセルのマイナスドライバー

を購入

③クロスレンチ

★必要な理由
クロスレンチは、
ホイールナットを
外すのに必要となります。



★コスパの良いオススメ商品
エーモンのクロスレンチ
【1164円】


エーモンは
自動車専用の商品を多数
扱う有名な日本企業です!


特に自動車用のDIY商品に
力を入れており、
私もいくつかエーモンの商品を
愛用しています!


まだ、
クロスレンチを
持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!




⇒Amazonで
エーモンのクロスレンチ

を購入

④フロアジャッキ

★必要な理由
フロアジャッキは、
車のタイヤを地面から

持ち上げるのに
必要となります。


人によっては、
パンタグラフジャッキ
持っている方も
いらっしゃると思いますが、
使いにくく不安定で
危険なため使わない
ことをお勧めします。


★ジャッキの種類



★コスパの良いオススメ商品
大橋産業のフロアジャッキ
【5380円】

大橋産業は
自動車専用のメンテナンス
商品を得意とする
有名な日本企業です!


低価格ながらも
高品質な商品が多いので、
初心者の方にオススメ
となっています!


まだ、
フロアジャッキを
持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!




⇒Amazonで
大橋産業のフロアジャッキ

を購入

⑤トルクレンチ

★必要な理由
トルクレンチは、
ホイールナットを決められた
トルクで締め付けるために必要です。


ナットの締め付けが弱いと
走行中にタイヤが外れる
危険性がありますので
必ずトルクレンチを
使うようにしましょう!



★コスパの良いオススメ商品
大橋産業のトルクレンチ
【3978円】

またまた、
大橋産業の登場です!


こちらのトルクレンチも、
低価格でありながら
とても使いやすく長持ちする
商品なのでとてもオススメです!


まだ、
トルクレンチを
持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!




⇒Amazonで
大橋産業のトルクレンチ

を購入

⑥空気圧計

★必要な理由
空気圧計は、
交換するタイヤの空気圧を
確認するために必要です。


タイヤの空気圧が
低下していることに気が付かずに
タイヤを交換してしまうと、


走行中にパンクやバーストが
起こる危険があるため、
必ず交換する前に空気圧を
確認するようにしましょう!



★コスパの良いオススメ商品
エーモンの空気圧計
【985円】

またまた、
エーモンの登場です!


こちらの空気圧計は、
デザイン性などの余分な部分を排除し、
必要最低限の機能だけを
確保しているため
低価格を実現しています。


もちろん品質は良いので
ご安心下さい!


まだ、
空気圧計を
持っていない方は
ぜひ検討してみて下さい!




⇒Amazonで
エーモンの空気圧計

を購入


悩める人
悩める人

ひとつひとつ
コスパの良いオススメの工具を
紹介してくれてとても助かるよ!


さっそく工具を揃えなきゃ!



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

お役に立てて何よりです!


実は、
必須ではないけど持っていると
便利な工具もあるので、


そちらも読まれてから
工具を揃える始めるのを
オススメします😆


次は、
必須ではないけど
持っていると便利な工具一覧
を解説します

必須ではないけど持っていると便利な工具一覧

必須ではないけど
持っていると
便利な工具は下記です。


①輪留め
②ジャッキアップスタンド



もちろん、
こちらも既に持っている物は
改めて購入する
必要はないですよ!

①輪留め

★必要な理由
輪留めは、
タイヤを交換している時に

車が動かないように
するために必要です。


ただ、私の経験上、

平坦な場所に駐車して、
サイドブレーキを

しっかりと掛ければ、
動く可能性は低いため、
便利な物としました。



とは言え、安全第一なので、
不安な方は購入して
おいた方が良いと思います!


★コスパの良いオススメ商品
大橋産業の輪留め【660円】

安定と信頼の大橋産業です😆


より安全に
タイヤ交換を行いたい方は
ぜひ検討してみて下さい!



⇒Amazonで
大橋産業の輪留め
を購入


②ジャッキアップスタンド

★必要な理由
ジャッキアップスタンドは、
フロアジャッキで車を持ち上げた後に、

車の下に挟むことで車が
落ちないようにするために必要です。


もちろん、

フロアジャッキだけで
タイヤ交換を出来るのですが、


何かの拍子に、
フロアジャッキが外れると、
車が落下してケガや

車の故障に繋がるため、
大変危険です。


そのため、出来れば、
ジャッキアップスタンドを使用して、
車が落下しないように
することが推奨されています。


ただ、こちらも私の経験上、

平坦な場所に駐車して、
サイドブレーキをしっかりと掛ければ、
動く可能性は低いため、
便利な物としました。



★コスパの良いオススメ商品
大橋産業の
 ジャッキアップスタンド
 【4167円】


またまた、大橋産業です(笑)


こちらも、より安全に
タイヤ交換を行いたい方は
ぜひ検討してみて下さい!





⇒Amazonで
大橋産業のジャッキアップスタンド

を購入


悩める人
悩める人

丁寧な解説ありがとう!


今回が初めての
タイヤ交換で作業にも
慣れていないから
検討してみるよ!


必要な工具も分かったし、
自分でタイヤを交換する方法
を教えて!



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

お任せください!
自分でタイヤを交換する方法
を解説します!


■自分でタイヤを交換する方法

自分でタイヤを交換するには、
下記の手順で作業を行えばOKです!
(同じ作業を4回繰りかえします)

1.交換するタイヤとナットが
  使えることを確認する

2.安全で平坦な場所に車を停めて
  エンジンを停止し
  サイドブレーキを掛ける
  (輪留めがあるとより安全)


3.ジャッキアップポイントを探して
  フロアジャッキをセットする

4.クロスレンチで
  ホイールナットを
  少しだけゆるめる

5.フロアジャッキで車体を上げる

6.ホイールナットを全て外して、
  付け替えるタイヤを装着する

7.ホイールナットを仮締めする

8.フロアジャッキを緩めて、
  タイヤを地面に接地させる

9.トルクレンチでナットを締める


それでは、
それぞれの詳細を解説しますね!

1.交換するタイヤとナットが使えることを確認する

★必要な理由
交換するタイヤは、
しばらく使っていない
場合が多
タイヤの状態が
悪くなっている
可能性があるため、


付ける前にしっかりと
使えることを
確認することが重要です。


また、タイヤだけでなく、
ホイールナットが使えるか
どうかの確認も必要です。


というのは、
ナットにはいくつか種類があり、
適切でないナットを使うと
タイヤが脱輪する
危険性があるためです。


★具体的な作業内容
確認する項目は↓の4つです。
①空気圧
②タイヤの溝
③タイヤの傷・ひび割れ
④ホイールナットの適正確認

①空気圧の確認

まずは、自分の車のタイヤに
適した空気圧を確認
します。


空気圧の確認方法は簡単で、
下記のどちらかで
確認することができます。


①運転席のドア付近に
 貼られているシール↓で確認

運転席のドア付近に貼られているシール



②給油口に貼られているシール↓で確認



例えば↓の画像だと、
前輪(前のタイヤ):230kPa
後輪(後ろのタイヤ):230kPa
が適切な空気圧になります。

運転席のドア付近に貼られているシール



注意点①:空気圧の単位に注意


タイヤの空気圧には、
下記3つが使われています。
①kPa
②kgf/cm^2
③bar




ほとんどの

空気入れの単位は「kPa」
なので、


上記②と③だった場合は
単位変換が必要になります。


圧力の単位変換は、
下記のサイトで簡単に出来ますので、
単位変換が必要な方は
参考にしてください。

⇒「株式会社PISCO公式HP

注意点②:タイヤサイズに注意

タイヤのサイズを、
純正から変更している場合は、
適切な空気圧が変わっている
可能性がある
ため、



下記のサイトで

適切な空気圧を計算
しましょう。
⇒「ブリヂストン公式HP



計算に必要な数値は
下図のように
タイヤから調べることができます。



空気圧を計算するために必要な情報



適切な空気圧を確認できたら
タイヤのエアバルブ↓の
キャップを外して、

空気圧計をエアバルブに差し込んで
空気圧を確認しましょう。


タイヤのエアバルブのキャップ



確認した空気圧≒指定空気圧
になっていればOKです。


空気が不足している場合は、
ガソリンスタンド等で
空気を補充しましょう!


★タイヤの空気圧補充方法は↓を参照

②タイヤ溝の確認

次は、タイヤの溝を確認します。


空気圧の確認方法は簡単で、
10円玉を準備して、
下記に手順で
確認することができます。



手順①
ハンドルを全切り(左右のどちらかに
回らなくなるまで回すこと)する


図.全切りイメージ



手順②
タイヤの溝に、
10円玉※1を差し込み、
溝の残りをチェックして、
前後すべてのタイヤ溝が、

4.0mm※2以上
なら交換不要です。



ちなみに、後ろのタイヤは、
前のタイヤのように方向を
変えることできないため、
車の後ろ側から測定すると
やりやすいですよ!


※1
タイヤの溝に対して「10」の
文字を刺すようにして

10円玉を差し込んだ時に、
10円玉の「10」の文字が

全て見えるようなら、
残り溝が約4mm以下になります



※2
車検では、「1.6mm以上」が

合格基準となっていますが、
安全に走るには

「4mm以上」は必要です


タイヤのサイズにもよりますが、
一般的なタイヤのゴムは
走行距離約5,000km

につき1mm摩耗します


図.タイヤ溝のイメージ



図.後ろのタイヤ溝の確認イメージ



図.タイヤ溝と制動距離の関係
引用元



★タイヤ溝が少ない時の危険性

タイヤの傷・ひび割れの確認

次は、タイヤの傷、
ひび割れの確認です。


タイヤのひび割れは、
1.サイドウォール
2.ショルダー

によく発生するため、
目視でひび割れを

確認しましょう。

図.タイヤのサイドウォールのイメージ



図.タイヤのショルダーのイメージ


判断基準は、
下図のような
深いひび割れがあったら、
交換が必要になります。

図.タイヤのひび割れイメージ




ひび割れが深いと
交換が必要な理由は、
タイヤの内部のカーカスが
表面に出てきて、
タイヤの耐久性が

低下するためです。


図.タイヤのカーカス(ワイヤー)イメージ

④ホイールナットの適正確認

最後は、
ホイールナットの
適正確認です。


ここだけは難しいので、
プロに相談してください。

(ディーラーやカー用品店)


もし、適切でない
ナットを使うと、


ホイールが痛んだり、
走行中に脱輪する
危険性があるため、
十分に注意してください。


★ホイールナットの種類について

2.安全で平坦な場所に車を停めてエンジンを停止しサイドブレーキを掛ける

★必要な理由
タイヤ交換中に車が動くと、
大怪我に繋がったり、
車が壊れる危険性があります。


そのため、
平坦な場所に駐車し、
エンジンを止め、
サイドブレーキを掛けて、
絶対に車が動かないように
することが大切なのです。


★具体的な作業内容
①平坦な場所に停車
②エンジンを止める
③サイドブレーキを掛ける

3.ジャッキアップポイントを探してフロアジャッキをセットする

★必要な理由
ホイールナットを緩める前に、
フロアジャッキを
セットしておくと、


ホイールナットを
緩めてから
すぐにジャッキアップ
することができるため
作業効率が良くなります。


★具体的な作業内容
①ジャッキアップポイントを探す
②フロアジャッキをセットする
注)ジャッキアップは後でやります


★ジャッキアップポイント
 の探し方とセット方法

4.クロスレンチでホイールナットを少しだけゆるめる

★必要な理由
フロアジャッキを
セットしたら、


クロスレンチで
ホイールナットを
少しだけ緩めます


少しだけしか緩めないのは、
この後のジャッキアップ中に
タイヤが落ちないように
するためです!


★具体的な作業内容
①クロスレンチで
 ホイールナットを
 少しだけ緩める


★クロスレンチで
 ホイールナットを
 少しだけ緩めるイメージ

5.フロアジャッキで車体を上げる

★必要な理由
クロスレンチで
ホイールナットを
少しだけ緩めたら、


フロアジャッキで
車体を上げます。


既にフロアジャッキを
ジャッキアップポイントに
セットしてあるので、


後は、
タイヤが地面から離れるまで
フロアジャッキのハンドルを
少しずつ上下させればOKです。



タイヤを地面から離す理由は、
ホイールナットを外すのと、
タイヤを付け替えできるよう
にするためです。


★具体的な作業内容
①タイヤが地面から離れるまで
 フロアジャッキで車体を上げる


★フロアジャッキの使い方

6.クロスレンチでホイールナットを全て外して付け替えるタイヤを装着する

★必要な理由
フロアジャッキで
タイヤを地面から離したら、


タイヤを付け替えするために、
クロスレンチで
ホイールナットを
全て外しましょう。


ホイールナットが外れたら、
タイヤを付け替えましょう。


この時に、
タイヤの回転方向を
間違えないように
注意しましょう!


「←ROTATION」
という風なマークが
タイヤに付いている場合は、


矢印の方向に
タイヤが回転するように
取り付けする必要があります。


★具体的な作業内容
①クロスレンチで
 ホイールナットを全て外す

②タイヤを付け替える


★ホイールナット外しのイメージ



タイヤ回転方向のイメージ



タイヤ付け替えのイメージ

7.ホイールナットを仮締めする

★必要な理由
タイヤを付け替えたら、


手とクロスレンチ
ホイールナットを
仮締め
しましょう。


仮締めにするのは、
タイヤが地面から
離れているので、
完全に締められないから
です。


★具体的な作業内容
①手でホイールナットを付ける

②クロスレンチで
 ホイールナット仮締めする

③タイヤがガタガタと
 動かないことを確認する


注)ガタガタ動くと
 タイヤをしっかりと

 固定できないので
 注意しましょう


★ホイールナット
 仮締めのイメージ

8.フロアジャッキを緩めてタイヤを地面に接地させる

★必要な理由
ホイールナットを
仮締めしたら、


フロアジャッキを緩めて
タイヤを地面に
接地させましょう。


タイヤを地面に接地させるのは、
トルクレンチでホイールナットを
規定トルクで
締められるようにするためです。


★具体的な作業内容
①フロアジャッキを緩めて
 タイヤを地面に接地させる


★タイヤを地面に
 接地させるイメージ

9.トルクレンチでナットを締める

★必要な理由
タイヤを地面に
接地させたら、


トルクレンチを使って、
ホイールナットを
規定トルクで締めましょう。


規定トルクで締め付けするのは、
ホイールやホイールナットを
痛めない、また、
走行中の脱輪を防止するためです。


規定トルクの目安は、
下記になります。

車種規定トルク[N・m]
普通車100~120
軽自動車80~100



ただし、あくまでも目安であり、
車によっては全く異なる
トルクであることもあるため、
念のためディーラーに電話で
確認するのをオススメします。



★具体的な作業内容
①規定トルクを調べる

②トルクレンチを
 規定トルクに調整する

③トルクレンチで
 ホイールナット締める


★トルクレンチの調整方法


★トルクレンチで
ホイールナット締めるイメージ



リンネコ<br>(筆者)
リンネコ
(筆者)

ここまで読んで頂き、
本当にありがとうございました。


みなさんのお悩みを解決するのに
少しでもお役に立てたら
とても嬉しいです!


最後に、

今回の要点・まとめ
を簡単に振り返りして

終わりにしましょう!

■今回の要点・まとめ

タイヤ交換に必要でコスパの良いオススメの工具

①作業用グローブ
⇒Amazonで
3Mのグローブ」を購入


②マイナスドライバー

⇒Amazonで
ヴェッセルのマイナスドライバー

を購入



③クロスレンチ

⇒Amazonで
エーモンのクロスレンチ

を購入



④フロアジャッキ

⇒Amazonで
大橋産業のフロアジャッキ
を購入



⑤トルクレンチ

⇒Amazonで
大橋産業のトルクレンチ
を購入



⑥空気圧計

⇒Amazonで
エーモンの空気圧計
を購入

必須ではないけど持っていると便利な工具一覧

①輪留め
⇒Amazonで

大橋産業の輪留め 」を購入


②ジャッキアップスタンド
⇒Amazonで
大橋産業のジャッキアップスタンド
を購入

自分でタイヤを交換する方法

自分でタイヤを交換するには、
下記の手順で4回繰り返す



1. 交換するタイヤとナットが
  使えることを確認する


2.安全で平坦な場所に車を停めて
  エンジンを停止し
  サイドブレーキを掛ける
  (輪留めがあるとより安全)


3.ジャッキアップポイントを探して
  フロアジャッキをセットする

4.クロスレンチで
  ホイールナットを
  少しだけゆるめる

5.フロアジャッキで車体を上げる

6.クロスレンチでホイールナットを
 全て外して付け替える
 タイヤを装着する

7.ホイールナットを仮締めする

8.フロアジャッキを緩めて、
  タイヤを地面に接地させる

9.トルクレンチでナットを締める




★超重要
ホイールナットの適正確認について
ホイールナットの
適正確認は、
必ずプロに相談してください。
(ディーラーやカー用品店)


もし、適切でない
ナットを使うと、



ホイールが痛んだり、
走行中に脱輪する
危険性があるため、
十分に注意してください。


★ホイールナットの種類について



■おわりに

みなさん、
いかがでしたでしょうか?
ここまで読んで下さった方で、
車のタイヤ交換に
必要な工具

という悩みを解決するのに、
少しでもお役に立てたら嬉しいです😊


分かりにくい点や質問等
がありましたら、
コメント欄や
お問い合わせに記載
下さい。
確認次第、
追記や回答を
させていただきます(o^―^o)


これからも、

みなさんの
カーライフを含めた生活を、
より良いよくするため
に、

私も記事の更新を頑張りますので、
また遊びにきてくださいね(*’ω’*)



最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました!
では、また別の記事で

お会いしましょう!


コメント

タイトルとURLをコピーしました